一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)世界的な定期ワクチン接種の接種率、2010年

MMWR抄訳

rss

2011/11/11Vol. 60 / No. 44

MMWR60(44):1520-1522
Global Routine Vaccination Coverage, 2010

世界的な定期ワクチン接種の接種率、2010年

1974年、WHOは6種のワクチン(結核、ポリオ、ジフテリア、破傷風、百日咳、麻疹)について小児に対する定期的な接種を推奨し、2005年にはDTP(ジフテリア、破傷風、百日咳)ワクチンの3回接種(DTP3)率は79%となったが、低所得国での接種率は低い。WHOとUNICEFはこの年、Global Immunization Vision and Strategy(GIVS)を設立し、ワクチン接種により予防可能な疾患による死亡率の低下と、世界的なワクチン接種率の向上を目的としたプログラムを推進し、2010年におけるDTP3の接種率をすべての国々において90%とする目標を掲げた。2010年、12歳未満の小児におけるDTP3接種率は130ヶ国(67%)にて目標の90%を達成したが、全体での接種率は85%と推定されている。30ヶ国(16%)にて80~89%、15ヶ国(8%)にて70~79%、18ヶ国(9%)にて70%未満であり、インド(37%)、ナイジェリア(9%)、コンゴ共和国(5%)にて最も低かった。地域別ではヨーロッパ(96%)、西太平洋諸国(96%)、アメリカ諸国(93%)にて高く、アフリカ(77%)、東南アジア(77%)にて低かった。他のワクチンについてはBCG:90%、ポリオ(3回):86%、MCV(麻疹含有ワクチン)(1回):85%、HepB(3回):75%、Hib(3回):42%であり、HepBワクチンは179ヶ国にて定期的接種プログラムに組み込まれ、生後24時間以内の第1回接種は93ヶ国(52%)にて実施されている。また、Hibワクチンは169ヶ国にて導入され、ロタウイスルワクチン、肺炎球菌結合型ワクチン(PCV)はそれぞれ28、55ヶ国にて導入されている。以上、小児におけるワクチン接種率は世界的に向上しているものの、依然として接種を受けていない小児も多く、ポリオのように積極的な介入の必要性が示唆された。

References

  • Keja K, Chan C, Hayden G, Henderson RH. Expanded Programme on Immunization. World Health Stat Q 1988;41:59-63.
  • World Health Organization, UNICEF. Global immunization vision and strategy 2006-2015. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2005. Available at <http://www.who.int/vaccines-documents/docspdf05/givs_final_en.pdf>. Accessed November 1, 2011.
  • CDC. Global routine vaccination coverage, 2009. MMWR 2010;59:1367-71.
  • Burton A, Monasch R, Lautenbach B, et al. WHO and UNICEF estimates of national infant immunization coverage: methods and processes. Bull World Health Organ 2009;87:535-41.
  • World Health Organization. Immunization. WHO Vaccine Preventable Diseases Monitoring System-immunization indicators selection center. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2011. Available at <http://apps.who.int/immunization_monitoring/en/globalsummary/indicatorselect.cfm>. Accessed November 1, 2011.
  • EUVAC.net. Measles surveillance annual report 2010. Copenhagen, Denmark: Statens Serum Institute; 2011. Available at <http://www.euvac.net/graphics/euvac/pdf/annual_2010.pdf>. Accessed November 1, 2011.
  • CDC. Measles outbreaks and progress toward measles preelimination-African Region, 2009-2010. MMWR 2011;60:374-8.
  • Murray CJL, Shengelia B, Gupta N, Moussavi S, Tandon A, Thieren M. Validity of reported vaccination coverage in 45 countries. Lancet 2003;362:1022-7.
  • World Health Organization. Report on the WHO Quantitative Immunization and Vaccines Related Research (QUIVER) Advisory Committee Meeting, Geneva, 13-15 October 2009. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2010. Available at <http://whqlibdoc.who.int/hq/2010/who_ivb_10.04_eng.pdf>. Accessed November 1, 2011.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ