一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)成人の禁煙-アメリカ、2001~2010年

MMWR抄訳

rss

2011/11/11Vol. 60 / No. 44

MMWR60(44):1513-1519
Quitting Smoking Among Adults - United States, 2001-2010

成人の禁煙-アメリカ、2001~2010年

アメリカにおける成人の喫煙率は1965年:42.4%から2010年:19.3%へ低下しており、2002年以降は禁煙者数が喫煙者数を超えるに至っている。この禁煙者数の増加はマスメディアのキャンペーン、タバコ製品の価格上昇および完全禁煙化、さらには専門家によるアドバイスや電話によるカウンセリング、禁煙治療などによるものである。今回、CDCは2001~2010年のNational Health Interview Surveys(NHIS)データより、この10年間における禁煙への関心、禁煙治療の利用とその成功率および禁煙方法の傾向についての分析を行った。その結果、2010年において喫煙者の68.8%が禁煙したいと考えており、調査の1年前以内に禁煙を試みた喫煙者は52.4%、禁煙に成功した喫煙者は6.2%であった。禁煙に関する専門家のアドバイスを受けた喫煙者は48.3%であり、カウンセリングおよび/または禁煙治療を受けた喫煙者のうち、薬物治療は30.0%(ニコチンパッチ:14.6%、バレニクリン:11.2%、ニコチンガム/ドロップ:8.9%、ブプロピオン:3.2%、ニコチンスプレー/吸入剤:1.0%)が受けており、カウンセリングは5.9%(電話禁煙相談:3.1%、マンツーマンカウンセリング:2.6%、禁煙クリニック/クラス/支援グループ:2.4%)が受けていた。薬物治療および/またはカウンセリングを受けた喫煙者は男性(28.8%)に比べ女性(35.1%)にて多く、年齢に伴い増加(18~24歳:15.8%、25~44歳:29.4%、45~64歳:42.3%、65歳以上:35.9%)しており、人種別では非ラテン系白人(36.1%)で最も多かった(非ラテン系黒人:21.6%、ラテン系:15.9%)。また医療保険加入者(35.6%)は非加入者(21.5%)に比べ多く認められた。喫煙はすべての年齢層において健康に有益な影響をもたらし、35歳未満で禁煙した場合は非喫煙者と同等の死亡率をもたらすとされ、禁煙を望む喫煙者に対する禁煙支援のさらなる充実が重要である。

References

  • CDC. How tobacco smoke causes disease: the biology and behavioral basis for smoking-attributable disease: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at <http://www.surgeongeneral.gov/library/tobaccosmoke/report/full_report.pdf>. Accessed November 7, 2011.
  • Doll R, Peto R, Boreham J, Sutherland I. Mortality in relation to smoking: 50 years’ observations on male British doctors. BMJ 2004;328:1519-28.
  • CDC. Smoking and tobacco use: trends in current cigarette smoking among high school students and adults, United States, 1965-2010. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/data_statistics/tables/trends/cig_smoking/index.htm>.   Accessed November 7, 2011.
  • CDC. Cigarette smoking among adults-United States, 2002. MMWR 2004:53:427-31.
  • Fiore MC, Jaen CR, Baker TB, et al. Treating tobacco use and dependence: 2008 update. Clinical practice guideline. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Public Health Service; 2008. Available at <http://www.surgeongeneral.gov/tobacco/treating_tobacco_use08.pdf>. Accessed November 7, 2011.
  • Community Guide Task Force on Community Preventive Services. The guide to community preventive services: what works to promote health. Part 1: changing risk behaviors and addressing environmental challenges. Tobacco [Chapter 1]. New York, NY: Oxford University Press; 2005. Available at http://www.thecommunityguide.org/tobacco/tobacco.pdf. Accessed November 7, 2011.
  • Shiffman S, Brockwell SE, Pillitteri JL, Gitchell JG. Use of smoking-cessation treatments in the United States. Am J Prev Med 2008;34:102-11.
  • Curry SJ, Sporer AK, Pugach O, Campbell RT, Emery S. Use of tobacco cessation treatments among young adult smokers: 2005 National Health Interview Survey. Am J Public Health 2007;97:1464-9.
  • CDC. Smoking-attributable mortality, years of potential life lost, and productivity losses-United States, 2000-2004. MMWR 2008; 57:1226-8.
  • National Institute on Drug Abuse. Research report series: tobacco addiction. Bethesda MD: National Institutes of Health, National Institute on Drug Abuse; 2009. Available at http://drugabuse.gov/researchreports/nicotine/addictive.html. Accessed November 7, 2011.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ