一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)生後59ヶ月以下の小児における侵襲性肺炎球菌疾患と・・・

MMWR抄訳

rss

2011/11/04Vol. 60 / No. 43

MMWR60(43):1477-1482
Invasive Pneumococcal Disease and 13-Valent Pneumococcal Conjugate Vaccine (PCV13) Coverage Among Children Aged <=59 Months - Selected U.S. Regions, 2010-2011

生後59ヶ月以下の小児における侵襲性肺炎球菌疾患と13価結合型肺炎球菌ワクチン(PCV13)の接種率-アメリカの一部地域、2010~2011年

2010年3月12日、Advisory Committee on Immunization Practices(ACIP)は7価結合型肺炎球菌ワクチン(PCV7)に変えて2010年2月24日に承認された13価結合型肺炎球菌ワクチン(PCV13)を使用するための勧告を発表した。PCVは通常生後2、4、6ヶ月時に定期接種、12~15ヶ月時に追加接種するが、この勧告ではさらに年齢相応のPCV7接種を行った生後14~59ヶ月の全ての小児に対してPCV13の補充接種を推奨している。2011年6月、2歳の女児が、PCV13のみに含まれている6種類の血清型のうちの1種類による侵襲性肺炎球菌疾患(IPD)により死亡した。この女児は、PCV7を3回接種していたがPCV13は接種していなかった。この報告を受け、CDCは2010年~2011年の生後59ヶ月以下の小児におけるPCV13特有の血清型によるIPDの発症率とPCV13の接種率を調査した。現在実施中のPCV13 Vaccine Effectiveness Evaluationに参加している12地域のデータによると、2010年5月1日~2011年4月30日にPCV13の接種候補である小児63例(生後2~59ヶ月)がPCV13特有の血清型によるIPDを発症した。このうち43例(68%)は生後24~48ヶ月であり、59例(94%)は基礎疾患がなく、48例(76%)が入院した。また39例(62%)はPCV7を4回接種していたがPCV13を補充接種しておらず、11例(18%)はPCV7を3回接種していたのみであった。さらに8ヶ所のImmunization Information System(IIS)センチネルサイトの2010年3月~2011年6月のデータによると、生後12~59ヶ月のPCV7完全接種小児(約850,000人)におけるPCV13の補充接種率は37%のみであり、生後0~59ヶ月の初回PCV7接種が不完全な小児(約700,000人)におけるPCV13接種率は46%であった。医療提供者は、生後2ヶ月以降の小児に対してPCV13の初回接種シリーズを完全に実施するとともに、年齢相応の一連の初回PCV7接種を行った生後14~59ヶ月の全ての小児に対してPCV13の補充接種を推奨する必要がある。

References

  • CDC. Licensure of a 13-valent pneumococcal conjugate vaccine (PCV13) and recommendations for use among children-Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2010. MMWR 2010;59:258-61.
  • California Department of Public Health. Health advisory: fatal vaccine-preventable pneumcoccal disease, August 18, 2011. Sacramento, CA: California Department of Public Health; 2011. Available at <http://www.cdph.ca.gov/programs/immunize/documents/healthadvisory pneumococcal201108.pdf>.  Accessed September 9, 2011.
  • CDC. Evaluating the effectiveness of a 13-valent pneumococcal conjugate vaccine among children. Protocol 09PRT/8166. Lancet Protocol Reviews. Available at <http://www.thelancet.com/protocol-reviews/09PRT-8166>. Accessed September 9, 2011.
  • CDC. Q&A about sentinel sites. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at <http://www.cdc.gov/vaccines/programs/iis/activities/sentinel-sites.htm>. Accessed September 15, 2011.
  • CDC. Invasive pneumococcal disease in young children before licensure of 13-valent pneumococcal conjugate vaccine-United States, 2007. MMWR 2010;59:253-7.
  • Luman ET, Chu SY. When and why children fall behind with vaccinations. Missed visits and missed opportunities at milestone ages. Am J Prev Med 2009;36:105-11.
  • CDC. Preventing pneumococcal disease among infants and young children: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2000;49(No. RR-9).
  • Davis MM, Ndiaye SM, Freed GL, Clark SJ. One-year uptake of pneumococcal conjugate vaccine: a national survey of family physicians and pediatricians. J Am Board Fam Pract 2003;16:363-71.
  • CDC. National and state vaccination coverage among children aged 19-35 months-United States, 2010. MMWR 2011;60:1157-63.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ