一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)ボツリヌス毒素への職業的曝露リスクのある労働者に対・・・

MMWR抄訳

rss

2011/10/28Vol. 60 / No. 42

MMWR60(42):1454-1455
Notice of CDC’s Discontinuation of Investigational Pentavalent (ABCDE) Botulinum Toxoid Vaccine for Workers at Risk for Occupational Exposure to Botulinum Toxins

ボツリヌス毒素への職業的曝露リスクのある労働者に対するCDCによる5価ボツリヌス毒素ワクチン提供の中止に関する通知

2011年11月30日をもって、CDCはボツリヌス毒素(PBT)への職業的曝露リスクにある労働者に対する5価(ABCDE)ボツリヌス毒素ワクチンの提供を中止すると発表した。PBTワクチンは1965年より提供され、初回接種は0、2、12週にて計3回、その後、追加接種として年1回、1976年以降は2年に1回接種される。中止の決定は毒素のいくつかのサブタイプにて免疫原性の低下が認められることによるものであり、1990年代半ばまでは接種者の約50%が追加接種後2年の時点で抗PBT抗体濃度が0.2 IU/mLを上回ったが、2004年には15%未満となり、1976年に製造され1982年以降配布されたロットでは、モルモットでの実験で血清型C、D、Eに対する保護作用は認められていない。また、副作用は約10%の症例に軽度な局所反応(浮腫および皮膚の硬結)、0.3%未満(約4,200名)に全身性反応の発現を認めており、使用されるワクチンが製造から30年以上経過しているため、免疫原性が低下し、局所反応の発現率が増加しているものと思われる。2008~2010年にて約200~300名/年がCDCの提供するPBTワクチンの接種を受けているが、今後はそれぞれの研究室レベルにてボツリヌス毒素に対する安全性基準を遵守し、ボツリヌス症を疑う症状を示す場合は医療機関を受診し、CDCのEmergency Operation Centerに連絡、高濃度曝露の場合は個々の症状に応じ抗毒素を投与することになる。

References

  • Rusnak J, Smith LA. Botulinum neurotoxin vaccines: past history and recent developments. Human Vaccines 2009;5:794-805.
  • Smith L, Rusnak J. Botulinum neurotoxin vaccines: past, present, and future. Crit Rev Immunol 2007;27:303-18.
  • Rusnak JM, Harper IM, Abbassi I. Laboratory exposures to botulinum toxins: review and updates of therapeutics for the occupational health provider [Chapter 10]. In: JY Richmond, KB Meyers, eds. Anthologies in biosafety XII. Managing challenges for safe operations of BSL-3/ABSL-3 facilities. Mundelein, IL: American Biological Safety Association; 2011.
  • Smith L, Rusnak JM. Botulism vaccines and the immune response [Chapter 31]. In: Jankovic J, Albanes A, Atassi MZ, Dolly JO, Hallett M, Mayer NH, eds. Botulinum toxin: therapeutic clinical practice and science. Philadelphia, PA: Saunders (Elsevier); 2009.
  • US Department of Health and Human Services. Biosafety in microbiological and biomedical laboratories. Wilson DE, Chosewood LC, eds. 5th ed. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2009. Available at <http://www.cdc.gov/biosafety/publications/bmbl5/index.htm>. Accessed October 19, 2011.
  • CDC. Investigational heptavalent botulinum antitoxin (HBAT) to replace licensed botulinum antitoxin AB and investigational botulinum antitoxin E. MMWR 2010;59:299.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ