一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)専門介護施設における浸潤性A群溶血性連鎖球菌-ペン・・・

MMWR抄訳

rss

2011/10/28Vol. 60 / No. 42

MMWR60(42):1445-1449
Invasive Group A Streptococcusin a Skilled Nursing Facility - Pennsylvania, 2009-2010

専門介護施設における浸潤性A群溶血性連鎖球菌-ペンシルベニア州、2009~2010年

2010年9月29日、ペンシルベニア州の専門介護施設における浸潤性A群溶血性連鎖球菌(GAS)感染症3例が州健康局に報告された。この施設は150床の呼吸器離脱、脊髄損傷治療、短期リハビリテーション専門の施設であり、2009年10月12日~2010年9月22日にGAS感染[38.1℃以上の発熱、上気道症状(咳、咽頭痛)、膿性分泌物、皮膚の発赤および腫脹]を23例[55(31~97)歳、男12女11、黒人11、浸潤性:13、非浸潤性:10]に認めた。浸潤性GAS感染症13例は全例が入院し、2例が死亡(致死率:15%)、入院時の症状は発熱(6例)、呼吸困難(6例)、頻拍(7例)、白血球増多症(11例)、肺炎(4例)、蜂窩織炎(1例)などを認めた。2011年10月5日より436例(入所者:139、スタッフ:297)を対象にスクリーニング検査を実施した結果、入所者1名(0.7%)の尿カテーテル挿入部、スタッフ4名(1.3%)の咽喉頭部から採取した検体が培養検査にて陽性を示した。10月13日より感染予防のための対策が強化され、また、これらGAS発症に関与する因子の検討のため、2010年10月より症例対照試験(症例:23、対照:69)が行われた。その結果、入居期間(10ヶ月以下、オッズ比=7.0)、創傷(OR=7.0)、尿カテーテル留置(OR=3.9)、運動療法の実施(OR=4.1)などとGAS感染との有意性が認められた。GAS感染症は感染者との接触または飛沫感染により拡大する。致死率が高いため衛生面の強化とスクリーニングによるキャリアーの特定およびキャリアーに対する抗生物質投与が重要である。

References

  • Jordan HT, Richards CL, Burton DC, Thigpen MC, Van Beneden CA. Group A streptococcal disease in long-term care facilities: descriptive epidemiology and potential control measures. Clin Infect Dis 2007;45:742-52.
  • Prevention of Invasive Group A Streptococcal Infections Workshop participants. Prevention of invasive group A streptococcal disease among household contacts of case patients and among postpartum and postsurgical patients: recommendations from the Centers for Disease Control and Prevention. Clin Infect Dis 2002;35:950-9.
  • CDC. Guideline for hand hygiene in health-care settings: recommendations of the Healthcare Infection Control Infection Control Practices Advisory Committee and the HICPAC/SHEA/APIC/IDSA Hand Hygiene Task Force. MMWR 2002;51(No. RR-16).
  • World Health Organization. WHO guidelines on hand hygiene in health care, 2009. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2009. Available at <http://whqlibdoc.who.int/publications/2009/ 9789241597906_eng.pdf>. Accessed October 21, 2011.
  • CDC. Nursing home outbreaks of invasive group A streptococcal infections-lllinois, Kansas, North Carolina, and Texas. MMWR 1990;39:577-9.
  • Greene CM, Van Beneden CA, Javadi M, et al. Cluster of deaths from group A Streptococcus in a long-term care facility-Georgia, 2001. Am J Infect Control 2005;33:108-13.
  • Arnold KE, Schweitzer, JL, Wallace B, et al. Tightly clustered outbreak of group A streptococcal disease at a long-term care facility. Infect Control Hosp Epidemiol 2006;27:1377-84.
  • Zurawski CA, Bardsley M, Beall B, et al. Invasive group A streptococcal disease in metropolitan Atlanta: a population-based assessment. Clin Infect Dis 1998;27:150-7.
  • Deutscher M, Schillie S, Gould C, et al. Investigation of a group A streptococcal outbreak among residents of a long-term acute care hospital. Clin Infect Dis 2011;52:988-94.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ