一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)長期療養施設に関連したカルバペネム耐性Klebsi・・・

MMWR抄訳

rss

2011/10/21Vol. 60 / No. 41

MMWR60(41):1418-1420
Carbapenem-Resistant Klebsiella pneumoniaeAssociated with a Long-Term-Care Facility - West Virginia, 2009-2011

長期療養施設に関連したカルバペネム耐性Klebsiella pneumoniae-ウエストバージニア、2009~2011年

カルバペネム耐性Klebsiella pneumoniae(CRKP)はアメリカで最も一般的なカルバペネム耐性腸内細菌であり、CRKP感染症は罹病や死亡のリスクを高める。この報告は、ウエストバージニア州で初めて同定されたCRKPのアウトブレイクについて述べたものである。2011年1月27日、ウエストバージニア州のある郡の保健局は地域の病院(A病院)によって発見されたCRKP感染症の集団発生の報告を受けた。West Virginia Bureau for Public Health(WVBPH)は、全ての患者の同定・感染症の危険因子の特徴の検討・症例対照研究のデータ分析のため、フィールド調査を行った。2009年4月~2011年2月のA病院受診者を対象に調査を行い、CRKP感染症19例(男性11例、女性8例、平均75.5歳)を同定した。19例中16例は長期療養施設からの受診者であり、このうち14例は地域の長期療養施設(A施設)からの受診者であった。2009年4月~2011年2月にA病院を受診しCRKPが検出されなかった38例(男性6例、女性32例、平均75.1歳)を対照群とした症例対照研究の結果、CRKP感染症のリスクはA施設への入所歴およびA施設からの受診と最も強力に関連していた。時点有病率調査では、A病院の患者29例でCRKP陽性例はなかったが、A施設の入所者118例中11例(9%)がCRKP陽性であり、このうち8例は以前の検査でCRKPコロニー形成が検出されていなかった。この結果より、A施設内でのCRKP伝播が示唆された。また時点有病率調査でA施設入所者より分離されたCRKP11株とA病院で分離されたCRKP5株のPFGEパターンの相同性は88%であった。A施設に対して、多剤耐性菌のサーベイランスの開始、施設内感染予防・制御活動の変更と改善、入所者およびその家族・医師・スタッフに対するCRKPに関する教育の実施などを勧告した。このアウトブレイクの調査は継続中であり、訪問調査によって7月に最後の患者が確認された。CRKPの制御は困難だが、徹底的な感染制御介入の実施により医療現場でのCRKP感染症の有病率は低下する。さらなるCRKP伝播を防ぐために全てのケアレベルを対象とした介入と、疫学的理解を深めるための持続的なCRKPサーベイランスが必要である。

References

  • CDC. Guidance for control of infections with carbapenem-resistant or carbapenemase-producing Enterobacteriaceae in acute care settings. MMWR 2010;58:256-60.
  • CDC. Laboratory protocol for detection of carbapenem-resistant or carbapenemase-producing, Klebsiella spp. and E. coli from rectal swabs. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2009. Available at <http://www.cdc.gov/ncidod/dhqp/pdf/ar/klebsiella_or_ecoli.pdf>. Accessed July 1, 2011.
  • Kallen, A, Srinivasan, A. Current epidemiology of multidrug-resistant gram-negative bacilli in the United States. Infect Control Hosp Epidemiol 2010;31(Suppl 1):S51-4.
  • Munoz-Price L, Hayden M, Lolans K, et al. Successful control of an outbreak of Klebsiella pneumoniae at a long-term acute care hospital. Infect Control Hosp Epidemiol 2010;31:341-7.
  • Gregory C, Llata E, Stine N, et al. Outbreak of carbapenem-resistant Klebsiella pneumoniae in Puerto Rico associated with a novel carbapenemase variant. Infect Control Hosp Epidemiol 2010;31:476-84.
  • Ben-David D, Maor Y, Keller N, et al. Potential role of active surveillance in the control of a hospital-wide outbreak of carbapenem-resistant Klebsiella pneumoniae infection. Infect Control Hosp Epidemiol 2010;31:620-6.
  • Patel G, Huprikar S, Factor SH, Jenkins SG, Calfee DP. Outcomes of carbapenem-resistant Klebsiella pneumoniae infection and the impact of antimicrobial and adjunctive therapies. Infect Control Hosp Epidemiol 2008;29:1099-106.
  • Elemam A, Rahimian J, Mandell W. Infection with panresistant Klebsiella pneumoniae: a report of 2 cases and a brief review of the literature. Clin Infect Dis 2009;49:271-4.
  • Ostrowsky B, Trick W, Sohn A, et al. Control of vancomycin-resistant enterococcus in health care facilities in a region. N Engl J Med 2001;334:1427-33.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ