一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)ウイルス性肝炎サーベイランスシステムの確立-パキス・・・

MMWR抄訳

rss

2011/10/14Vol. 60 / No. 40

MMWR60(40):1385-1390
Establishment of a Viral Hepatitis Surveillance System - Pakistan, 2009-2011

ウイルス性肝炎サーベイランスシステムの確立-パキスタン、2009~2011年10月16日

パキスタンではウイルス性肝炎は公衆衛生の大きな問題であるが、効果的なサーベイランスシステムが確立していなかった。最近、確立されたウイルス性肝炎サーベイランスシステムの2010年6月~2011年3月のデータを分析した結果を報告する。このサーベイランスは4州(ラホール、ペシャワル、カラチ、クウェッタ)の州本部およびイスラマバードに位置する5つの第三次ケア病院をセンチネルサイトとして行われた。この期間、計712例のウイルス性肝炎が報告され、C型肝炎が最も多く53.2%(379例)を占め、次いで急性A型肝炎:19.8%(141例)、急性E型肝炎:12.2%(87例)、B型肝炎:10.8%(77例)と続き、28例(3.9%)はHBV/HCV同時感染、HBV感染例の14.3%はD型肝炎の同時感染例であった。男女別では男性が女性の約2倍(男:447、女:236例)、年齢別では20~39歳が最も多く(365例、53.3%)、ほとんどの症例が大都市の病院周辺にて報告されていた。入院率は急性A型肝炎:7.1%~B型肝炎:10.4%、死亡例は報告されていない。また、HBVワクチン接種を受けていた症例は25例(5歳以下:2、6~19歳:3、20歳以上:20)であった。感染の原因は発症前6ヶ月以内の生水の摂取が最も多く、HBV感染例では手術または歯の治療、静注、皮膚穿孔などを受けた症例が多く認められた。

References

  • Bosan A, Qureshi H, Bike KM, Ahmad I, Hafiz R. A review of hepatitis viral infections in Pakistan. J Pak Med Assoc 2010;60:1045-58.
  • Khan A, Tanaka Y, Kurbanov F, et al. Investigating an outbreak of acute viral hepatitis caused by hepatitis E virus variants in Karachi, South Pakistan. J Med Virol 2011;83:622-9.
  • Qureshi H, Bile KM, Jooma R, Alam SE, Afridi HUR. Prevalence of hepatitis B and C viral infections in Pakistan: findings of a national survey appealing for effective prevention and control measures. East Mediterr Health J 2010;16(Suppl):S15-23.
  • Ali SA, Donahue RMJ, Qureshi H, Vermund SH. Hepatitis B and hepatitis C in Pakistan: prevalence and risk factors. Int J Infect Dis 2009;13:9-19.
  • Jacobsen KH, Wiersma ST. Hepatitis A virus seroprevalence by age and world region, 1995 and 2005. Vaccine 2010;28:6653-7.
  • World Health Organization. WHO vaccine-preventable diseases: monitoring system-2010 global summary. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2010. Available at <http://www.who.int/immunization/documents/who_ivb_2010/en/index.html>. Accessed October 12, 2011.
  • Usman HR, Akhtar S, Rahbar MH, Hamid S, Moattar T, Luby SP. Injections in health care settings: a risk factor for acute hepatitis B virus infection in Karachi, Pakistan. Epidemiol Infect 2003;130:293-300.
  • Janjua NZ, Hutin YJ, Akhtar S, Ahmad K. Population beliefs about the efficacy of injections in Pakistan’s Sindh province. Public Health 2006;120:824-33.
  • United Nations Office on Drug and Crime. Illicit drug trends in Pakistan. Islamabad, Pakistan: United Nations Office on Drug and Crime; 2008. Available at <http://www.unodc.org/documents/regional/central-asia/Illicit%20Drug%20Trends%20Report_Pakistan_rev1.pdf>. Accessed May 23, 2011.
  • Ejaz I, Shaikh BT, Rizvi N. NGOs and government partnerships for health systems strengthening: a qualitative study presenting viewpoints of government, NGOs and donors in Pakistan. BMC Health Serv Res 2011;11:122.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ