一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)ヒトパピローマウイルスワクチン接種実施への進歩-南・・・

MMWR抄訳

rss

2011/10/14Vol. 60 / No. 40

MMWR60(40):1382-1384
Progress Toward Implementation of Human Papillomavirus Vaccination - the Americas, 2006-2010

ヒトパピローマウイルスワクチン接種実施への進歩-南北アメリカ、2006~2010年

2008年、南北アメリカ諸国における子宮頸癌の新規症例は80,574例、死亡数は36,058例であり、うち85%はラテンアメリカおよびカリブ海諸国より報告されている。子宮頸癌の70%は2つの発癌性ヒトパピローマウイルス(HPV)(16型および18型)によるものであり、HPVワクチン接種はHPV感染の予防から子宮頸癌による負担を大きく減少させうるものと考えられている。アメリカ諸国ではHPVワクチン接種の導入を進めており、2011年1月現在、4カ国にて予防接種プログラムへの導入が完了している。HPVワクチンは4価ワクチン(Gardasil、メルク社)と2価ワクチン(Cervarix、グラクソスミスクライン社)の2種類があり、4価ワクチンは性器疣贅を引き起こす非発癌性HPV6型、11型にも効果を示す。WHOは9、10歳から13歳までに6ヶ月以上かけて3回接種するよう推奨している。USAでは2006年より接種が可能となっており、18歳未満に対して無料で接種されている。2010年における接種率は13~17歳の女児にて1回以上の接種率が48.7%、3回接種率は32.0%である。カナダでは2006年より接種が可能となっており、学校ベースのHPV予防接種プログラムは2007年より接種が開始され、2009年には全ての州で接種が行われている。対象年齢や接種スケジュールは州によって異なるが、4~9年生(9~15歳)には無料で接種され、接種率は大西洋側(東部)の州で80~85%、オンタリオ州では51%と報告されている。パナマでは2008年より10歳の女児を対象に接種が開始され、2009年における接種率は1回:89%、3回:46%、2010年の3回接種率は67%である。また、メキシコでは2008年より125の自治体にて接種が導入され、この年の接種率は1回:98%、3回:81%、2009年には182自治体に拡大し、2011年には全ての9歳の女児に対し学校をベースに接種を導入することが承認されている。HPVワクチン接種は世界的には導入が遅れており、財政的に導入が困難である中~低所得国ではその傾向が強く認められるが、子宮頸癌の発症率が高い地域では早急な導入が肝要であると思われる。

References

  • Arbyn M, Castellsagué X, de Sanjosé S, et al. Worldwide burden of cervical cancer in 2008. Ann Oncol 2011; April 6. [Epub ahead of print].
  • de Sanjose S, Quint WG, Alemany L, et al. Human papillomavirus genotype attribution in invasive cervical cancer: a retrospective cross-sectional worldwide study. Lancet Oncol 2010;11:1048-56.
  • World Health Organization. Human papillomavirus vaccines. WHO position paper. Wkly Epidemiol Rec 2009;84:118-31.
  • Gee J, Naleway A, Shui I, et al. Monitoring the safety of quadrivalent human papillomavirus vaccine: findings from the Vaccine Safety Datalink. Vaccine 2011 (in press).
  • CDC. National and state vaccination coverage among adolescents aged 13 through 17 years-United States, 2010. MMWR 2011;60:1117-23.
  • Colucci R, Hryniuk W, Savage C. HPV vaccination programs in Canada: are we hitting the mark? Report card on cancer in Canada, 2008. Toronto, Canada: Cancer Advocacy Coalition of Canada; 2008. Available at <http://www.canceradvocacy.ca/reportcard/2008/HPV%20Vaccination%20Programs%20in%20Canada.pdf>. Accessed October 12, 2011.
  • Public Health Agency of Canada. Publicly funded immunization programs in Canada: routine schedule for infants and children including special programs and catch-up programs (as of September 2011). Ottawa, Canada: Public Health Agency of Canada; 2011. Available at <http://www.phac-aspc.gc.ca/im/ptimprog-progimpt/table-1-eng.php>. Accessed October 12, 2011.
  • Pan American Health Organization. New technologies for cervical cancer prevention: from scientific evidence to program planning. Report of the Latin American Subregional Meeting on Cervical Cancer Prevention, Panama City, Panama, June 2-3, 2010.
  • LaMontagne DS, Barge S, Le NT, et al. Human papillomavirus vaccine delivery strategies that achieved high coverage in low- and middle-income countries. Bull World Health Organ 2011; September 1. [Epub ahead of print].
  • de Oliveira LH, Danovaro-Holliday MC, Sanwogou NJ, Ruiz-Matus C, Tambini G, Andrus JK. Progress in the introduction of the rotavirus vaccine in Latin America and the Caribbean: four years of accumulated experience. Pediatr Infect Dis J 2011;30(1 Suppl):S61-6.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ