一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)冠動脈性心疾患の罹患率-アメリカ、2006~201・・・

MMWR抄訳

rss

2011/10/14Vol. 60 / No. 40

MMWR60(40):1377-1381
Prevalence of Coronary Heart Disease - United States, 2006-2010

冠動脈性心疾患の罹患率-アメリカ、2006~2010年

アメリカでは冠動脈性心疾患(CHD)による死亡率が1960年代より着実に低下している。今回、CDCによりBehavioral Risk Factor Surveillance System:BRFSS)の2006~2010年データを用いた最新のCHD罹患率に関する調査結果がまとめられた。分析対象は2006年:347,790名~2010年:444,927名であり、年齢補正CHD罹患率は全体で6.7%から6.0%に有意に低下し、男女ともにいずれの年齢層においても同様の低下が認められた。人種別では白人にて6.4%から5.8%、ラテン系にて6.9%から6.1%に有意に低下した。2010年におけるCHD罹患率は年齢別では18~44歳:1.2%、45~64歳:7.1%、65歳以上:19.8%と年齢とともに増加し、男女別では男性:8.7%、女性:4.6%、学歴別では高卒以下9.2%、高卒:6.7%、大卒:6.2%、大卒以上:4.6%であった。人種別ではアメリカインディアン/アラスカ原住民:11.6%、黒人:6.5%、ラテン系:6.1%、白人:5.8%、アジアおよびハワイ/太平洋諸国:3.9%であり、男性ではアメリカインディアン/アラスカ原住民:14.3%、白人:7.7%、女性ではアメリカインディアン/アラスカ原住民:8.4%、黒人:5.9%にて高値であった。また、2006年から2010年における低下率はウエストバージニア州にて10.4%から8.0%(23.1%)、ミズーリ州にて7.7%から6.0%(22.1%)と大きく、増加した州は5州認めたがいずれも有意な増加ではなかった。2010年における州別CHD罹患率はハワイ州:3.7%、ワシントンDC:3.8%~ウエストバージニア州:8.0%、ケンタッキー州:8.2%であり、南部にて高い傾向が認められた。Healthy People 2020ではCHDによる死亡率の目標を2007年比20%減としており、今後、目標達成に向けてのモニタリングおよびCHD予防プログラムの重要性が示唆された。

References

  • Xu JQ, Kochanek KD, Murphy SL, Tejada-Vera B. Deaths: final data for 2007. Natl Vital Stat Rep 2009;58(19).
  • Wijeysundera HC, Machado M, Farahati F, et al. Association of temporal trends in risk factors and treatment uptake with coronary heart disease mortality, 1994-2005. JAMA 2010;303:1841-7.
  • US Department of Health and Human Services. HDS-2: Reduce coronary heart disease deaths. Healthy People 2020. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2011. Available at <http://www.healthypeople.gov/hp2020>. Accessed October 7, 2011.
  • CDC. Behavioral Risk Factor Surveillance System. Available at <http://www.cdc.gov/brfss>. Accessed October 7, 2011.
  • Hu FB, Stampfer MJ, Manson JE, et al. Trends in the incidence of coronary heart disease and changes in diet and lifestyle in women. N Engl J Med 2000;343:530-7.
  • Ford ES, Ajani UA, Croft JB, et al. Explaining the decrease in U.S. deaths from coronary disease, 1980-2000. N Engl J Med 2007; 356:2388-98.
  • CDC. Million Hearts: strategies to reduce the prevalence of leading cardiovascular disease risk factors-United States, 2011. MMWR 2011;60:1248-51.
  • CDC. Prevalence of heart disease-United States, 2005. MMWR 2007;56:113-8.
  • Roger VL, Go AS, Lloyd-Jones DM, et al. Heart disease and stroke statistics-2011 update: a report from the American Heart Association. Circulation 2011;123:e18-209.
  • CDC. National Heart Disease and Stroke Prevention Program. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at <http://www.cdc.gov/dhdsp/programs/nhdsp_program/index.htm>. Accessed October 7, 2011.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ