一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)水泳プールの消毒薬およびその他の化学物質による急性・・・

MMWR抄訳

rss

2011/10/07Vol. 60 / No. 39

MMWR60(39):1343-1347
Acute Illness and Injury from Swimming Pool Disinfectants and Other Chemicals - United States, 2002-2008

水泳プールの消毒薬およびその他の化学物質による急性疾患と損傷-アメリカ、2002~2008年

水泳プールには水質維持と遊泳者の感染防止のため消毒薬やその他の化学物質が入っているが、これらの化学物質は不適切な使用などにより疾患や損傷を引き起こす可能性がある。プール用化学物質に関連した疾患/損傷の発生頻度などを評価するため、CDCは2002~2008年のSentinel Event Notification System for Occupational Risk(SENSOR)-Pesticidesサーベイランスプログラムに参加している6州(カリフォルニア、アイオワ、ルイジアナ、ミシガン、ノースカロライナ、テキサス)のデータとNational Electronic Injury Surveillance System(NEISS)のデータを分析した。SENSOR-Pesticidesに参加している6州のデータよりプール用化学物質関連疾患/損傷584例(州群)同定された。またNEISSデータでプール用化学物質関連疾患/損傷症例が688例同定されたことから、全国の発症者数を28,071例(NEISS群)と推定した。発症者の年齢は、15歳未満の小児が州群の25%、NEISS群の34%を占めた。報告された症状は、咳・上気道刺激感・呼吸困難などの呼吸器症状(州群65%、NEISS群24%)、眼症状(それぞれ33%、42%)、皮膚症状(18%、19%)が多かった。州群の40%は職業関連であり、このうち9%は1日以上欠勤した。疾患/損傷の寄与因子を決定するのに十分な情報が得られた州群77%とNEISS群49%のデータによると、最も頻度が高かった寄与因子は配合禁忌の化学物質の混合・化学物質のこぼれ/飛散・個人用保護具(PPE)の未着用/不適切な着用・化学物質に関する適切な訓練や管理の欠如・化学物質の容器を開けることによって発生する塵や煙であった。CDC勧告を順守することによって報告された一部のプール用化学物質関連疾患/損傷は予防可能であるが、さらなる対策(プール用化学物質の容器デザインの変更、内容を理解しやすくするための化学物質のラベルの変更など)により疾患/損傷の発症が減少する可能性がある。

References

  • World Health Organization. Guidelines for safe recreational waters. Volume 2: swimming pools and similar recreational-water environments. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2006. Available at <http://www.who.int/water_sanitation_health/bathing/bathing2>. Accessed September 26, 2011.
  • CDC. Healthy swimming/recreational water: recommendations for preventing pool chemical-associated injuries. US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at <http://www.cdc.gov/healthywater/swimming/pools/preventing-pool-chemical-injuries.html>. Accessed September 26, 2011.
  • Calvert GM, Mehler LN, Alsop J, De Vries A, Besbelli N. Surveillance of pesticide-related illness and injury in humans. In: Krieger R, ed. Hayes’ handbook of pesticide toxicology. 3rd ed. London, England: Academic Press; 2010:1313-69.
  • CDC. Pool chemical-associated health events in public and residential settings-United States, 1983-2007. MMWR 2009;58:489-93.
  • Thomas HL, Murray V. Review of acute chemical incidents involving exposure to chlorine associated with swimming pools in England and Wales, June-October 2007. J Public Health (Oxf) 2008;30:391-7.
  • Vohra R, Clark RF. Chlorine-related inhalation injury from a swimming pool disinfectant in a 9-year-old girl. Pediatr Emerg Care 2006;22:254-7.
  • Martinez TT, Long C. Explosion risk from swimming pool chlorinators and review of chlorine toxicity. J Toxicol Clin Toxicol 1995; 33:349-54.
  • CDC. Ocular and respiratory illness associated with an indoor swimming pool-Nebraska, 2006. MMWR 2007;56:929-32.
  • Dang B, Chen L, Mueller C, et al. Ocular and respiratory symptoms among lifeguards at a hotel indoor waterpark resort. J Occup Environ Med 2010;52:207-13.
  • Bowen AB, Kile JC, Otto C, et al. Outbreaks of short-incubation ocular and respiratory illness following exposure to indoor swimming pools. Environ Health Perspect 2007;115:267-71.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ