一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)19歳以下の人々におけるスポーツやレクリエーション・・・

MMWR抄訳

rss

2011/10/07Vol. 60 / No. 39

MMWR60(39):1337-1342
Nonfatal Traumatic Brain Injuries Related to Sports and Recreation Activities Among Persons Aged -19 Years - United States, 2001-2009

19歳以下の人々におけるスポーツやレクリエーション活動による非致死性外傷性脳損傷-アメリカ、2001~2009年

2001~2005年、アメリカでは毎年約207,830例がスポーツやレクリエーション活動による非致死性外傷性脳損傷(TBI)のため救急診療部(ED)を受診し、このうち65%は5~18歳の小児/青少年であった。成人と比べた場合、若年者はTBIのリスクが高く、重症度が高く、回復までの時間が長い。19歳以下の小児/青少年におけるスポーツやレクリエーション活動によるTBIの発生率と特徴を評価するため、CDCはNational Electronic Injury Surveillance System-All Injury Program(NEISS-AIP)の2001~2009年のデータを分析した。この期間中、毎年約2,651,581例の小児/青少年がスポーツやレクリエーション活動による非致死性損傷のためEDを受診しており、このうち約173,285例(6.5%)がTBIであった。TBI関連ED受診者の約71.0%は男性、70.5%は10~19歳であった。2001年から2009年にかけて、スポーツやレクリエーション活動による非致死性TBIに関連したED受診者数は153,375例から248,418例へと有意に増加し(増加率62%)、推定受診率は10万人あたり190例から298例に上昇した(上昇率57%)。全体として、活動別のTBI関連ED受診者数はサイクリング(26,212例)とフットボール(25,376例)が最高であった。小児/青少年におけるTBIの発症率/重症度/健康への長期悪影響を低下させるため、スポーツやレクリエーション活動によるTBIのリスクに対する意識の向上、適切な技術の訓練、保護具の使用(自転車のヘルメットなど)、損傷発症時の迅速な対応といった予防戦略を実施する必要がある。

References

  • Schatz P, Moser RS. Current issues in pediatric sports concussion. Clin Neuropsychol 2011;25:1042-57.
  • Zhao L, Han W, Steiner C. Sports related concussions, 2008. Statistical brief no. 114. Rockville, MD: Agency for Healthcare Research and Quality, Healthcare Cost and Utilization Project; 2011. Available at <http://www.hcup-us.ahrq.gov/reports/statbriefs/sb114.jsp>. Accessed October 5, 2011.
  • CDC. Nonfatal traumatic brain injuries from sports and recreation activities-United States, 2001-2005. MMWR 2007;56:733-7.
  • McCrory P, Meeuwisse W, Johnston K, et al. Consensus statement on concussion in sport-the 3rd International Conference on Concussion in Sport, held in Zurich, November 2008. J Clin Neurosci 2009;16:755-63.
  • Schroeder T, Ault K, eds. The NEISS sample (design and implementation): 1997 to present. Bethesda, MD: US Consumer Product Safety Commission; 2001. Available at <http://www.cpsc.gov/neiss/2001d011-6b6.pdf>. Accessed October 4, 2011.
  • Proctor MR, Cantu RC. Head and neck injuries in young athletes. Clin Sports Med 2000;19:693-715.
  • CDC. Concussion in sports: what can I do to prevent concussions? Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at <http://www.cdc.gov/concussion/sports/prevention.html>. Accessed October 3, 2011.
  • Buzzini SR, Guskiewicz KM. Sport-related concussion in the young athlete. Curr Opin Pediatr 2006;18:376-82.
  • Langlois JA, Rutland-Brown W, Wald MM. The epidemiology and impact of traumatic brain injury. J Head Trauma Rehabil 2006;21:375-8.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ