一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)麻疹による死亡率の抑制戦略実行の進歩-インド、20・・・

MMWR抄訳

rss

2011/09/30Vol. 60 / No. 38

MMWR60(38):1315-1319
Progress in Implementing Measles Mortality Reduction Strategies - India, 2010-2011

麻疹による死亡率の抑制戦略実行の進歩-インド、2010~2011年

2005年、インドでは5歳以下の小児約92,000例が死亡しており、2008年にはWHOの東南アジア地域(主にインド)にて世界全体の麻疹死亡例の77%を占めていたことから、Indian National Technical Advisory Group on Immunization(NTAGI)は、2008年、麻疹含有ワクチンの2回目接種(MCV2)の導入に関する勧告を発表し、この勧告に従って、2010年後半にインド政府がMCV2の導入を開始した。MCV1接種率は2009年、12~23ヶ月齢の小児において74%(州別接種率は48~96%)となっている。MCV1接種率が80%を超えている17州では2010年5月~2011年8月にMCV2が導入され、4州では2008年以前にMCV2としてMMRワクチンが導入されている。MCV1接種率が80%未満である14州でも9ヶ月齢~10歳の小児を対象とした接種キャンペーンによりMCV2の導入が始まっている。これらの州における接種対象は13,400万人であり、第1回のキャンペーンにて13州45地区にて12,076,836名に接種が行われた。全体での接種率は86%、18地区にて90%を超えている。麻疹のアウトブレイクに関するサーベイランスは2010年には8州にて行われており、242のアウトブレイクのうち、198(82%)が研究室レベルにて麻疹のアウトブレイクと確診された。8,984例の確診例の年齢分布は1歳未満:7%、1~4歳:41%、5~9歳:37%、10歳以上:15%であった。

References

  • Kumar R, Awasthi S, Bassani DG, et al. Causes of neonatal and child mortality in India: a nationally representative mortality survey. Lancet 2010;376:1853-60.
  • World Health Organization. Global reductions in measles mortality 2000-2008 and the risk of measles resurgence. Wkly Epidemiol Rec 2009;84:509-16.
  • CDC. Global measles mortality, 2000-2008. MMWR 2009; 58:1321-6.
  • United Nations Children’s Fund. 2009 Coverage Evaluation Survey. New Delhi, India: United Nations Children’s Fund; 2009.
  • Ma C, An Z, Hao L, et al. Progress toward measles elimination in the People’s Republic of China, 2000-2009. J Infect Dis 2011; 204(Suppl 1):S447-54.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ