一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)2009パンデミックインフルエンザA(H1N1)に・・・

MMWR抄訳

rss

2011/09/30Vol. 60 / No. 38

MMWR60(38):1310-1314
Severe Illness from 2009 Pandemic Influenza A (H1N1) - Utah, 2009-10 Influenza Season

2009パンデミックインフルエンザA(H1N1)による重症疾患-ユタ州、2009-10インフルエンザ期

ユタ州では2005年以降、インフルエンザによる入院に関するサーベイランスを行なっており、Utah public health officialsは、2009H1N1の影響を評価し、重症化する症例のリスクを把握するため、過去3年間のデータと2009インフルエンザA(H1N1)の入院データを比較した。2009インフルエンザA(H1N1)により春期(2009年4月27日~2009年8月29日の4ヶ月間)にて423例(10万人あたり15.6)、秋期(2009年8月30日~2010年5月21日の9ヶ月間)にて904例(同32.8) 、計1,327例が入院し、過去3年間の平均入院数は435例(同15.8)であった。2009パンデミックにおける年齢別入院率(10万人あたり)は0~4歳:105.4、 5~24歳:40.5、 25~49歳:38.0、 50~64歳:55.3、65歳以上:45.3であり、過去3年間の入院率はそれぞれ57.2、5.7、5.6、12.1、55.5であった。重症例も多く、死亡またはICUへ移行した入院例は2009パンデミックにて25.5%(春期:30.9%、秋期:23.0%)、2007-08年期にて14.0%であった。入院例は少数民族、妊婦、合併症を有する症例が多く、また、人口が最も多いソルトレイクシティにおける入院率が高値であった(43.7%、過去3年間:35.4%、)。入院例のサーベイランスは重症化する症例を把握するに重要な情報を与えうるものであると思われる。

References

  • Perlich P. Population by race and Hispanic origin: Utah counties (2008). Salt Lake City, UT: University of Utah, Bureau of Economic and Business Research; 2009. Available at <http://bebr.utah.edu/Documents/studies/2008_County_Race_Ethnicity_Estimates.pdf>.
  • Jain S, Kamimoto L, Bramley AM, et al. Hospitalized patients with 2009 H1N1 influenza in the United States, April-June 2009. N Engl J Med 2009;361:1935-44.
  • CDC. Patients hospitalized with 2009 pandemic influenza A (H1N1)-New York City, May 2009. MMWR 2010;58:1436-40.
  • Louie JK, Acosta M, Winter K, et al. Factors associated with death or hospitalization due to pandemic 2009 influenza A(H1N1) infection in California. JAMA 2009;302:1896-902.
  • CDC. 2009 pandemic influenza A (H1N1) virus infections-Chicago, Illinois, April-July 2009. MMWR 2009;58:913-8.
  • Zarychanski R, Stuart TL, Kumar A, et al. Correlates of severe disease in patients with 2009 pandemic influenza (H1N1) virus infection. CMAJ 2010;182:257-64.
  • CDC. Deaths related to 2009 pandemic influenza A (H1N1) among American Indian/Alaska Natives-12 states, 2009. MMWR 2009; 58:1341-4.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ