一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)辺境地域のアラスカ先住民小児におけるう蝕-アラスカ・・・

MMWR抄訳

rss

2011/09/23Vol. 60 / No. 37

MMWR60(37):1275-1278
Dental Caries in Rural Alaska Native Children - Alaska, 2008

辺境地域のアラスカ先住民小児におけるう蝕-アラスカ、2008年

2008年4月、CDCのArctic Investigations Program(AIP)はアラスカ州Department of Health and Social Services(DHSS)から、包括的歯科治療(FMDR)(全身麻酔下での複数のう歯の抜歯/修復を含む)を必要としたある辺境地域の多数のアラスカ先住民(AN)小児に関する報告を受けた。この辺境地域は52の村から成り、人口は約25,000人、年間出生者数は約600人で、85%はYup’ik Eskimoである。2007年には、この地域の6歳未満のAN小児に対して約400回の包括的歯科治療が行われた。う蝕は疼痛の原因となり小児の正常な成長や発達に影響を及ぼす可能性があることから、2008年10月~11月にAIPとアラスカ州DHSSはこの辺境地域の5つの村における4~15歳のAN小児348人を対象にう蝕の有病率と重症度を評価した。また親を対象にインタビューを行い、う蝕に関連する危険因子を検討した。評価対象としたAN小児におけるう蝕の有病率は4~5歳群87%、12~15歳群91%であり(アメリカの同年齢小児:それぞれ35%、51%)、う蝕の数は4~5歳群で平均7.3、12~15歳群で5.0であった(アメリカの同年齢小児:それぞれ1.6、1.8)。また水道水がフッ素化されていない3つの村に住む小児(4~5歳:26人、6~8歳:65人、9~11歳:65人、12~15歳:76人)と水道水がフッ素化されている2つの村に住む小児(4~5歳:18人、6~8歳:45人、9~11歳:31人、12~15歳:22人)を比較した場合、4~11歳の小児におけるう蝕(未処置)/処置乳歯とう蝕乳歯の有病率は非フッ素化群でそれぞれ71~100%、40~65%、フッ素化群で67~73%、44~48%であり、6~15歳の小児におけるう蝕(未処置)/処置永久歯とう蝕永久歯の有病率は非フッ素化群でそれぞれ57~91%、45~68%、フッ素化群で31~91%、18~68%であった。水道水のフッ素化なしとソーダ水の摂取は、う蝕の重症度と有意に関連した。辺境地域のAN小児における歯の衛生状態を改善するためには、部族・州・連邦が協働して有効なう蝕予防介入(村の適切な水道システムの完備や水道水のフッ素化、フッ素塗布など)を促進する必要がある。

References

  • US Department of Health and Human Services. Oral health in America: a report of the Surgeon General. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, National Institute of Health; 2000.
  • Dye BA, Tan S, Smith V, et al. Trends in oral health status: United States, 1994-1998 and 1999-2004. Vital Health Stat 2007;11(248):1-92.
  • World Health Organization. Oral health surveys-basic methods. 4th ed. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 1997.
  • Zitzow RE. The relationship of diet and dental caries in the Alaska Eskimo population. Alaska Med 1979;21:10-3.
  • Indian Health Service. The 1999 oral health survey of American Indian and Alaska Native dental patients. Rockville, MD: Indian Health Service, Division of Dental Services; 2002.
  • Hardison JD. Results of the 2005 oral health survey of Alaskan kindergarteners: Alaska oral health basic screening survey. Contractor’s report for the Oral Health Program, Alaska Department of Health and Social Services; 2006. Available at <http://www.hss.state.ak.us/dph/wcfh/oralhealth/docs/2005_oralhealth_k.pdf>. Accessed September 16, 2011.
  • Griffin SO, Jones K, Tomar SL. An economic evaluation of community water fluoridation. J Public Health Dentistry 2001;61:78-86.
  • Wetterhall S, Burrus B, Shugars D, Bader J. Cultural context in the effort to improve oral health among Alaska Native people: the dental health aide therapist model. Am J Public Health 2011;101:1836-40.
  • Holve S. An observational study of the association of fluoride varnish applied during well child visits and the prevention of early childhood caries in American Indian children. Matern Child Health J 2008;12 (Suppl 1):64-7.
  • Malik VS, Schulze MB, Hu FB. Intake of sugar-sweetened beverages and weight gain: a systematic review. Am J Clin Nutr 2006;84:274-88.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ