一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)肺癌の発症率および喫煙の州特異的傾向-アメリカ、1・・・

MMWR抄訳

rss

2011/09/16Vol. 60 / No. 36

MMWR60(36):1243-1247
State-Specific Trends in Lung Cancer Incidence and Smoking - United States, 1999-2008

肺癌の発症率および喫煙の州特異的傾向-アメリカ、1999~2008年

アメリカでは癌による死亡は肺癌が最も多く、そのほとんどが喫煙および二次喫煙によるものであることから、CDCは州別の肺癌発症率を1999~2008年のNational Program of Cancer Registries(NPCR)およびNational Cancer Institute’s Surveillance, Epidemiology, and End Results(SEER)プログラム、喫煙に関しては1994~2009年のBehavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)データを用いて分析した。その結果、男性の肺癌の発症率は全国的に減少しており、APC(年間変化率)は1999~2005年:-1.4%、2005~2008年:-2.9%であり、西部での減少が速かった(1999~2006年:-2.3%、2006~2008年:-3.9%)。女性における肺癌発症率は全国的には1999~2006年に増加し(APC=0.5%)、その後、減少に転じている(APC 2006~2008年:-2.2)。州別では調査対象44州のうち、男性は減少:35、不変:9、女性は減少:6、不変:24、増加:14州であった。肺癌の発症率は過去5年間の喫煙率および禁煙率と有意に相関し、男性ではそれぞれ0.72(p<0.001)、-0.55(p<0.001)、女性では0.69(p<0.0001)、-0.33(p<0.001)であった。以上、肺癌の発症率の低下と喫煙率の低下に相関性が認められ、今後も禁煙および受動喫煙の阻止の推進が重要であることが示唆された。

References

  • Jemal A, Thun MJ, Ries LAG, et al. Annual report to the nation on the status of cancer, 1975-2005, featuring trends in lung cancer, tobacco use, and tobacco control. J Natl Cancer Inst 2008;100:1672-94.
  • CDC. Smoking-attributable mortality, years of potential life lost, and productivity losses-United States, 2000-2004. MMWR 2008;57:1226-8.
  • CDC. Racial/ethnic disparities and geographic differences in lung cancer incidence-38 states and the District of Columbia, 1998-2006. MMWR 2010;59:1433-8.
  • CDC. Vital Signs: current cigarette smoking among adults aged >=18 years-United States, 2005-2010. MMWR 2011;60:1207-12.
  • Cokkinides VE, Prandi P, McMahon C, et al. Tobacco control in the United States: recent progress and opportunities. CA Cancer J Clin 2009;59:353-65.
  • Jemal A, Cokkinides VE, Shafey O, Thun MJ. Lung cancer trends in young adults: an early indicator of progress in tobacco control (United States). Cancer Causes Control 2003;14:579-85.
  • Pierce JP, Messer K, White MM, Kealey S, Cowling DW. Forty years of faster decline in cigarette smoking in California explains current lower lung cancer  rates. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev 2010;19:2801-10.
  • Campaign for Tobacco-Free Kids. A broken promise to our children: the 1998 state tobacco settlement 12 years later. Washington, DC: Campaign for Tobacco-Free Kids; 2010. Available at <http://www.tobaccofreekids.org/what_we_do/state_local/tobacco_settlement>. Accessed September 9, 2011.
  • Lightwood J, Glantz S. Effect of the Arizona tobacco control program on cigarette consumption and healthcare expenditures. Soc Sci Med 2011;72:166-72.
  • Kohler BA, Ward E, McCarthy BJ, et al. Annual report to the nation on the status of cancer, 1975-2007, featuring tumors of the brain and other nervous system. J Natl Cancer Inst 2011;103:714-36.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ