一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)2009年パンデミックインフルエンザA(H1N1)・・・

MMWR抄訳

rss

2011/09/09Vol. 60 / No. 35

MMWR60(35):1193-1196
Maternal and Infant Outcomes Among Severely Ill Pregnant and Postpartum Women with 2009 Pandemic Influenza A (H1N1) - United States, April 2009-August 2010

2009年パンデミックインフルエンザA(H1N1)による重度疾患を発症した妊婦および産後女性における母親と乳児の転帰-2009年4月~2010年8月

インフルエンザに罹患した妊婦は入院と死亡のリスクが高い。2004年以降、Advisory Committee on Immunization Practices(ACIP)はインフルエンザシーズン中に妊娠している全ての女性に対して不活化インフルエンザワクチンの接種を推奨している。妊婦におけるインフルエンザワクチンの年間接種率は2009年インフルエンザA(H1N1)パンデミック中に約50%まで増加したが、それ以前は約15%と低かった。2009年4月以降、CDCは州および地域の保健局と共同して妊婦および産後女性の重度インフルエンザに関する強化サーベイランスを実施している。2009年H1N1パンデミック中に2009年H1N1ウイルスによる重度インフルエンザを発症した妊婦および産後女性における母親と乳児の転帰を評価するため、CDCは2009年4月15日~2010年8月10日のサーベイランスデータを分析した。この期間中、妊婦347名が2009年H1N1ウイルスによる重度インフルエンザを発症し、このうち272名はICUに入院し回復したが、75名は死亡した。また産後女性15名が2009年H1N1ウイルスによる重度インフルエンザを発症し、このうち9名が死亡した。生存妊婦(272名)は、発症から抗ウイルス治療を受けるまでの期間が死亡妊婦(75名)よりも有意に短かった。また重度インフルエンザによる入院中に単生児を出産した妊婦85名は、早産/超早産児(<37週)の割合(63.6%)と低出生体重児(<2,500g)の割合(43.8%)がアメリカの一般集団(それぞれ12.3%、8.2%)に比べて高かった。さらに、母親が重度インフルエンザで入院し退院後に生まれた単生児54名のうち25.0%は不当軽量児(アメリカの一般集団:10.0%)、19.2%は低出生体重児であった。以上のデータは、妊婦およびその乳児に対する2009年H1N1ウイルスの重大な影響を示し、妊婦におけるインフルエンザワクチン接種の重要性を強調し、インフルエンザの確定/疑いのある妊婦に対する抗ウイルス薬の迅速な投与(発症後2日未満)の有用性を示唆する。

References

  • Rasmussen SA, Jamieson DJ, Bresee JS. Pandemic influenza and pregnant women. Emerg Infect Dis 2008;14:95-100.
  • Siston AM, Rasmussen SA, Honein MA, et al. Pandemic 2009 influenza A (H1N1) virus illness among pregnant women in the United States. JAMA 2010;303:1517-25.
  • CDC. Prevention and control of influenza with vaccines: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2010. MMWR 2010;59(No. RR-8).
  • CDC. Influenza vaccination coverage among pregnant women-United States, 2010-11 influenza season. MMWR 2011;60:1078-82.
  • Rasmussen SA, Kissin DM, Yeung LF, et al. Preparing for influenza after 2009 H1N1: special considerations for pregnant women and newborns. Am J Obstet Gynecol 2011;204:S13-20.
  • CDC. Antiviral agents for the treatment and chemoprophylaxis of influenza: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2011;60(No. RR-1).
  • CDC. Seasonal influenza: FluView. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at <http://www.cdc.gov/flu/weekly>. Accessed September 6, 2011.
  • National Center for Health Statistics. User guide to the 2005 natality public use file. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2005.
  • Hamilton BE, Martin JA, Ventura, MA. Births: preliminary data for 2009. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National  Center for Health Statistics; 2010. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/nvsr/nvsr59/nvsr59_03.pdf>. Accessed September 2, 2010.
  • Flegal KM, Carroll MD, Ogden CL, Curtin LR. Prevalence and trends in obesity among US adults, 1999-2008. JAMA 2010;303:235-41.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ