一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)14歳以下に対する内科診療所での抗生物質の処方-ア・・・

MMWR抄訳

rss

2011/09/02Vol. 60 / No. 34

MMWR60(34):1153-1156
Office-Related Antibiotic Prescribing for Persons Aged -14 Years - United States, 1993-1994 to 2007-2008

14歳以下に対する内科診療所での抗生物質の処方-アメリカ、1993~1994および2007~2008年

アメリカ医学研究所は抗生物質の耐性は国にとって脅威となりうることから適正な使用を行うよう勧告している。CDCは小児に対する抗生物質の処方傾向について、National Ambulatory Medical Care Survey(NAMCS)の1993~1994年と2007~2008年のデータを用いて分析した。それぞれの期間に調査に参加した内科医は2,500~3,500、回答率は62~72%であり、14歳以下の小児の症例記録は6,500~9,400、抗生物質の処方件数は1,300~2,500であった。1993~1994年の診療所の平均年間受診率(14歳以下の小児1,000名あたり)は2,180、2007~2008年は2,581と18%増加していたが、このうち5種の急性呼吸器感染症[ARIs:非特異性上気道感染症(風邪)、中耳炎、咽頭炎、気管支炎、副鼻腔炎]による受診率はそれぞれ654、560と14%減少していた。抗生物質の処方率は全体で1,000名あたり655から592と10%減少していたが、減少は1995~1996年から1999~2000年にかけての減少であり、2000年以降はほぼ一定して推移していた。5種のARIの診断率は1,000名あたり448から342と24%減少し、診療所ベースの抗生物質処方率は14歳以下の小児の1,000回の受診あたり300から229へ24%減少していた。ARI診断例においては11%の減少であり、疾患別では風邪:19%減少、咽頭炎:26%減少、他の3疾患では不変であった。以上、14歳以下の小児に対する抗生物質の処方率は減少しているが、不適当な処方率は依然として高く、今後も不適切な抗生物質の処方を抑制するため、CDCはGet Smart programを展開している。

References

  • Harrison PF, Lederberg J. Antimicrobial resistance: issues and options. Workshop report. Washington DC: National Academy Press; 1998.
  • Bronzwaer S, Cars O, Buchholz U, et al. A European study on the relationship between antimicrobial use and antimicrobial resistance. Emerg Infect Dis 2002;8:278-82.
  • US Census Bureau. National population estimates by age, sex, race, and Hispanic origin: 1980-1999. Washington, DC: US Census Bureau; 2000. Available at <http://www.census.gov/popest/national/asrh/natasrh.html>. Accessed August 24, 2011.
  • Grijalva CG, Griffin MR. Population-based impact of routine infant immunization with pneumococcal conjugate vaccine in the USA. Expert Rev Vaccines 2008;7:83-95.
  • Barden LS, Dowell SF, Schwartz B, Lackey C. Current attitudes regarding use of antimicrobial agents: results from physicians’ and parents’ focus group discussions. Clin Ped 1998;37:665-71.
  • American Academy of Pediatrics Subcommittee on Management of Acute Otitis Media. Diagnosis and management of acute otitis media. Pediatrics 2004;113:1451-65.
  • Moro ML, Marchi M, Gagliotti C, Di Mario S, Resi D. Why do paediatricians prescribe antibiotics? Results of an Italian regional project. BMC Pediatr 2009;9:69.
  • Goossens H, Ferech M, Coenen S, Stephens P. Comparison of outpatient systemic antibacterial use in 2004 in the United States and 27 European countries. Clin Infect Dis 2007;44:1091-5.
  • European Commission. Special Eurobarometer 338: antimicrobial resistance. Brussels, Belgium: European Commission; 2010. Available at <http://ec.europa.eu/health/antimicrobial_resistance/docs/ebs_338_en.pdf>. Accessed August 24, 2011.
  • Henderson KL, Muller-Pebody B, Johnson AP, Goossens H, Sharland M. First set-up meeting for Antibiotic Resistance and Prescribing in European Children (ARPEC). Euro Surveill 2009;14(45).

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ