一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)13~17歳の青少年における全国および州別の予防接・・・

MMWR抄訳

rss

2011/08/26Vol. 60 / No. 33

MMWR60(33):1117-1123
National and State Vaccination Coverage Among Adolescents Aged 13 Through 17 Years - United States, 2010

13~17歳の青少年における全国および州別の予防接種率-アメリカ、2010年

Advisory Committee on Immunization Practices(ACIP)は、青少年に結合型髄膜炎菌ワクチン(MenACWY、2回)、破傷風・ジフテリア・無細胞性百日咳ワクチン(Tdap、1回)、ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン(3回)の接種を推奨している(インフルエンザワクチンは生後6ヶ月以上の全ての人々に年1回接種を推奨)。CDCは青少年(13~17歳)の予防接種率に関する情報を更新するため、2006年以降、アメリカの50州とワシントンDC、一部地域、アメリカ領バージン諸島における青少年の予防接種率に関する情報を収集しているNational Immunization Survey – Teen (NIS-Teen)の2010年のデータを分析し、2009年のデータと比較した。2010年には青少年に推奨されている3種類全てのワクチンの接種率が2前年に比べて上昇し、Tdapは55.6%から68.7%、MenACWYは53.6%から62.7%、HPVワクチン(女性)の=1回接種率は44.3%から48.7%、HPVワクチンの=3回接種率は26.7%から32.0%となった。これら3種類のワクチンの予防接種率は2006年以降上昇しているが、上昇率はワクチンによって異なり、2007年から2010年までの接種率の平均年間上昇率はHPVワクチンがTdap、MenACWYに比べて有意に低かった。人種/民族別の接種率については、Tdapの=1回接種率は人種/民族間で差がなかったが、MenACWYの=1回接種率は白人がラテンアメリカ系よりも有意に低かった。またHPVワクチンの=1回接種率は白人がラテンアメリカ系、アメリカンインディアン/アラスカ先住民よりも有意に低かったが、=3回接種率は白人が黒人、ラテンアメリカ系よりも高かった。Tdapの=1回接種率とHPVワクチンの=3回接種率は、貧困レベル未満群が貧困レベル以上群に比べて有意に低かった。予防接種率は州によって様々であり、Tdapの=1回接種率は29.0%(ミシシッピ州)~87.9%(ニューハンプシャー州)、MenACWYの=1回接種率は26.0%(ミシシッピ州)~89.5%(ワシントンDC)、HPVワクチンの=1回接種率は28.8%(アイダホ州)~73.0%(ロードアイランド州)、HPVワクチンの=3回接種率は17.6%(アイダホ州)~55.1%(ロードアイランド州)であった。3州(マサチューセッツ州、ロードアイランド州、ワシントン州)は3種類全てのワクチンの=1回接種率が65%となった。13~17歳の女性における子宮頸癌の予防のため、未接種者のリコールシステムや青少年の親を対象としたHPV感染症のリスクとワクチン接種の有益性に関する教育などによってHPV接種をより強力に勧奨する必要がある。

References

  • CDC. Recommended immunization schedules for persons aged 0 through 18 years-United States, 2011. MMWR 2011;60(5).
  • CDC. National, state, and local area vaccination coverage among adolescents aged 13-17 years-United States, 2009. MMWR 2010; 59:1018-23.
  • Watson M, Saraiya M, Bernard V, et al. Burden of cervical cancer in the United States, 1998-2003. Cancer 2008;113(10 Suppl):2855-64.
  • Bugenske E, Stokley S, Kennedy A, et al. Middle school vaccination requirements and adolescent vaccination coverage. Presented at the 45th National Immunization Conference, March 28-31, 2011, Washington, DC.
  • Immunization Action Coalition. State mandates on immunization and vaccine-preventable diseases. St. Paul, MN: Immunization Action Coalition; 2011. Available at <http://www.immunize.org/laws>. Accessed August 19, 2011.
  • Copeland K, Dorell C, Khare M, Ormson AE, Wouhib A. Assessment of bias in the National Immunization Survey-Teen: an updated benchmark to the National Health Interview Survey. Presented at the 65th Annual American Association for Public Opinion Research Conference, May 13-16, 2010, Chicago, IL.
  • US Department of Health and Human Services. Healthy people 2020. Objective IID-11: increase routine vaccination coverage levels for adolescents. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2011. Available at <http://www.healthypeople.gov/2020/topicsobjectives2020/objectiveslist.aspx?topicid=23>. Accessed August 19, 2011.
  • National Committee for Quality Assurance. Healthcare Effectiveness Data and Information Set (HEDIS) 2012 technical specifications for health plans. Volume 2. Washington, DC: National Committee for Assurance; 2011. Available at <http://www.ncqa.org/LinkClick.aspx?fileticket=O-31v4G27sU%3d&tabid=1415>. Accessed August 20, 2011.
  • Hammer L, Curry E, Harlor A, et al. Increasing immunization coverage. Pediatrics 2010;125:1295-304.
  • Task Force on Community Preventive Services. Vaccinations to prevent diseases: universally recommended vaccinations. Atlanta, GA: Task Force on Community Preventive Services; 2011. Available at <http://www.thecommunityguide.org/vaccines/universally/index.html>. Accessed August 23, 2011.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ