一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)レジオネラ病-アメリカ、2000~2009年

MMWR抄訳

rss

2011/08/19Vol. 60 / No. 32

MMWR60(32):1083-1086
Legionellosis - United States, 2000-2009 

レジオネラ病-アメリカ、2000~2009年

レジオネラ菌によるレジオネラ感染症は致死性の重度の肺炎であるレジオネラ病(LD)とインフルエンザ様疾患であるポンティアック熱(PF)に大別され、ともにNational Notifiable Disease Surveillance System (NNDSS)、Supplemental Legionnaires Disease Surveillance System (SLDSS)を通じてCDCに報告される。ここでは2000~2009年、国内50州およびワシントンDCからNNDSSおよびSLDSSを通じて報告された症例の分析結果を報告する。この期間、NNDSSには計22,418例が報告され、発症率は10万人あたり0.39(2000年)から1.15(2009年)と192%増加した(年齢補正発症率は0.40から1.08、170%増)。国勢調査の区域別では2000年にて西南中部:0.09~中部大西洋岸:0.73、2009年には西南中部:0.44~中部大西洋岸:2.60であり、いずれの区域においても発症率は増加していた(西北中部:101%~西南中部:294%)。また、16,595例(74%)が50歳以上、14,255例(64%)が男性であり、年齢別の増加率は9歳以下にて8%、80歳以上で287%であった。人種の明らかな18,392例(82%)では白人:78%、黒人:19%、アメリカインディアン/アラスカ原住民/その他:3%であり、発症時期は夏~初秋(6~10月)が最も多く、62%を占めた。また、2005~2009年、SLDSSには計5,080例が報告され、この時期NNDSSに報告された14,554例のうちの35%であり、さらにアメリカへの外国人観光客82例での感染が確認された。旅行に関連するアメリカ人発症例は計1,220例であり、81%は国内、5%はクルーズ船の旅行であった。転帰の明らかな4,478例(88%)では8%の症例が死亡していた。また、NNDSSでは疾患別データはないが、SLDSSでは99.5%がLD、0.5%がPFに分類された。レジオネラ病のサーベイランスは2011年1月からActive Bacterial Core surveillance(ABCs)システムに組み込まれるため、さらに詳細な集団ベースの人口統計学的、季節的、地理的データにより、感染の予防対策が改善することが期待されている。

References

  • National Cancer Institute. Standard populations-19 age groups. Bethesda, MD: Surveillance Epidemiology and End Results (SEER) program, National Cancer Institute; 2010. Available at <http://seer.cancer.gov/stdpop.19ages.html>. Accessed September 20, 2010.
  • CDC. Surveillance for travel-associated Legionnaires disease-United States, 2005-2006. MMWR 2007;56:1261-3.
  • Benin AL, Benson RF, Besser RE. Trends in Legionnaires disease, 1980-1998: declining mortality and new patterns of diagnosis. Clin Infect Dis 2002;35:1039-46.
  • Neil K, Berkelman R. Increasing incidence of legionellosis in the United States, 1990-2005: changing epidemiologic trends. Clin Infect Dis 2008;47:591-9.
  • Marston BJ, Plouffe JF, File TM, et al. Incidence of community-acquired pneumonia requiring hospitalization-results of a population-based active surveillance study in Ohio. Arch Intern Med 1997;157:1709-18.
  • Fields BS, Benson RF, Besser RE. Legionella and Legionnaires’ disease: 25 years of investigation. Clin Micro Rev 2002;15:506-26.
  • Jones TF, Benson RF, Brown EW, Rowland JR, Crosier SC, Schaffner W. Epidemiologic investigation of a restaurant-associated outbreak of Pontiac fever. Clin Infect Dis 2003;37:1292-7.
  • Mandell LA, Wunderink RG, Anzueto A, et al. Infectious Diseases Society of America/American Thoracic Society consensus guidelines on the management of community-acquired pneumonia in adults. Clin Infect Dis 2007;44:S27-72.
  • CDC. Guidelines for preventing health-care-associated pneumonia, 2003: recommendations of CDC and the Healthcare Infection Control Practices Advisory Committee. MMWR 2004;53(No. RR-3):10-3.
  • American Society of Heating, Refrigerating, and Air-Conditioning Engineers. ASHRAE Guideline 12-2000: minimizing the risk of legionellosis associated with building water systems. Atlanta, GA: American Society of Heating, Refrigerating, and Air-Conditioning Engineers; 2000.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ