一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)妊婦におけるインフルエンザワクチン接種率-アメリカ・・・

MMWR抄訳

rss

2011/08/19Vol. 60 / No. 32

MMWR60(32):1078-1082
Influenza Vaccination Coverage Among Pregnant Women - United States, 2010-11 Influenza Season

妊婦におけるインフルエンザワクチン接種率-アメリカ、2010-11インフルエンザ期

妊娠中はインフルエンザの感染リスク、死亡リスクともに高くなるため、Advisory Committee on Immunization PracticesおよびAmerican College of Obstetricians and Gynecologistsは2004年より全ての妊婦に対しインフルエンザワクチンの接種を推奨している。今回、CDCは2010-11インフルエンザ期の妊婦におけるワクチン接種率について、インターネット調査を実施した。調査は2011年4月4~25日に、2010年10月~2011年1月の間に妊娠していた妊婦を対象に行われ、1,457名の回答を得た。ワクチンの接種率は49%(妊娠前の接種:12%、妊娠中:32%、出産後:5%)であり、年齢別では18~24歳:44%、25~45歳:52%、学歴別では大卒以上の妊婦にて高かった。62%の妊婦がかかりつけの医師からワクチンを接種するよう勧められ、その接種率は71%、勧められていない妊婦の接種率は14%であり、接種を勧められた妊婦は勧められていない妊婦に比べ接種に対し前向きであった[ワクチンの有効性(82%vs54%)、安全性(78%vs53%)、新生児に対する安全性(75%vs47%)]。接種を受けなかった理由は生まれてくる子供への安全性の不安(20%)が最も多く、接種によるインフルエンザ感染の不安(17%)、効果への不安(14%)、安全性の不安(11%)、インフルエンザに感染しても重症化しない/インフルエンザに感染した場合は薬を飲めばよい(14%)などが挙げられた。接種を受けた場所は、担当の産婦人科医または助産婦のオフィス(61%)、他の医師のオフィスや医療施設(22%)、薬局/食料品店(8%)、職場/学校(5%)であった。Healthy People 2020では妊婦におけるインフルエンザワクチン接種率の目標値は80%とされており、ワクチンの安全性と有効性を強く訴え、接種率の向上により妊婦および新生児の感染を予防することが重要と考える。

References

  • CDC. Prevention and control of influenza with vaccines: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2010. MMWR 2010;59(No. RR-8).
  • Eick AA, Uyeki TM, Klimov A, et al. Maternal influenza vaccination and effect on influenza virus infection in young infants. Arch Pediatr Adolesc Med 2011;165:104-11.
  • Zaman K, Roy E, Arifeen SE, et al. Effectiveness of maternal influenza immunization in mothers and infants. N Engl J Med 2008;359:1555-64.
  • Poehling KA, Szilagyi PG, Staat MA, et al., Impact of maternal immunization on influenza hospitalizations in infants. Am J Obstet Gynecol 2011;204(6 Suppl 1):S141-8.
  • American College of Obstetricians and Gynecologists Committee on Obstetric Practice. Influenza vaccination and treatment during pregnancy. Obstet Gynecol 2004;104(5 pt 1):1125-6.
  • Ding H, Santibanez TA, Jamieson DJ, et al. Influenza vaccination coverage among pregnant women-National 2009 H1N1 Flu Survey (NHFS). Am J Obstet Gynecol 2011;204(6 Suppl 1):S96-106.
  • CDC. Seasonal influenza and 2009 H1N1 influenza vaccination coverage among pregnant women-10 states, 2009-10 influenza season. MMWR 2010;59:1541-5.
  • CDC. Estimated pregnancy rates for the United States, 1990-2005: an update. Natl Vital Stat Rep 2009;58(4).
  • Rasmussen SA, Kissin DM, Yeung LF, et al; Pandemic Influenza and Pregnancy Working Group. Preparing for influenza after 2009 H1N1: special considerations for pregnant women and newborns. Am J Obstet Gynecol 2011;204(6 Suppl 1):S13-20.
  • Naleway AL, Smith WJ, Mullooly JP. Delivering influenza vaccine to pregnant women. Epidemiol Rev 2006;28:47-53.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ