一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)バイタルサイン:母乳栄養をサポートする病院の実践-・・・

MMWR抄訳

rss

2011/08/05Vol. 60 / No. 30

MMWR60(30):1020-1025
Vital Signs: Hospital Practices to Support Breastfeeding - United States, 2007 and 2009 

バイタルサイン:母乳栄養をサポートする病院の実践-アメリカ、2007および2009年

アメリカでは2~5歳児の21%が体重過多であり、その約半数は肥満である。小児肥満症の予防に対する母乳栄養の有効性について疫学的エビデンスが示されており、WHOとUnited Nation Children’s Fund (UNICEF)は、Baby-Friendly Hospital Initiativeを展開し、病院における母乳栄養のための10段階の指標を設定している。今回、2007年、2009年におけるこの10段階指標の実施状況についての分析が行われた。調査参加施設は2007年:2,690、2009年:2,672施設であり、回答率はともに82%であった。2007、2009年におけるそれぞれの指標の実施率は、出産前の妊婦への教育(2007年:92.5%、2009年:92.8%)、母乳の与え方の指導(それぞれ87.8、89.1%)、母乳を与えるタイミングの指導(それぞれ77.0、81.8%)は高かったが、母乳栄養対策に関する文書があると回答した施設は2007年:11.7%、2009年:14.4%と少なかった。また、満期産の健康新生児に対する調合ミルク、水、ブドウ糖液などの使用を制限する施設はそれぞれ20.6、21.5%に過ぎず、退院後のサポート体制が整っている施設は2007、2009年ともに26.8%であった。これら10指標のうち、3~5項目を満たす施設は2007年:60.5%、2009年:54.3%であり、9項目を満たす施設は2007年:2.4%、2009年:3.5%であり、10項目すべてを満たす施設は1%に満たなかった。また、これらの実施率は地域や病院の規模により異なり、地域別では北東部の施設にて高く、病院の規模が大きいほど高い傾向が認められた。小児肥満症の抑制には、この10段階指標の実践により母乳栄養の開始と継続をサポートすることが重要である。

References

  • Ogden CL, Carroll MD, Curtin LR, Lamb MM, Flegal KM. Prevalence of high body mass index in U.S. children and adolescents, 2007-2008. JAMA 2010;303:242-9.
  • Reilly JJ, Methven E, McDowell ZC, et al. Health consequences of obesity. Arch Dis Child 2003;88:748-52.
  • White House Task Force on Childhood Obesity. Solving the problem of childhood obesity within a generation. Washington, DC: The White House; 2010. Available at <http://www.letsmove.gov/white-house-task-force-childhood-obesity-report-president>. Accessed June 30, 2011.
  • Owen CG, Martin RM, Whincup PH, Davey Smith G. Effect of infant feeding on the risk of obesity across the life course: a quantitative review of published evidence. Pediatrics 2005;115:1367-77.
  • Harder T, Bergmann R, Kallischnigg G, Plagemann A. Duration of breastfeeding and risk of overweight: a meta-analysis. Am J Epidemiol 2005;162:397-403.
  • Ip S, Chung M, Raman G, et al. Breastfeeding and maternal and infant health outcomes in developed countries. Rockville, MD: Agency for Healthcare Research and Quality; 2007.
  • Gartner LM, Morton J, Lawrence RA, et al. Breastfeeding and the use of human milk. Pediatrics 2005;115:496-506.
  • Declercq ER, Sakala C, Corry MP, Applebaum S. Listening to mothers II: report of the Second National U.S. Survey of Women’s Childbearing Experiences. New York, NY: Childbirth Connection; 2006.
  • CDC. Breastfeeding among U.S. children born 2000-2008, CDC National Immunization Survey. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at <http://www.cdc.gov/breastfeeding/data/NIS_data/index.htm>. Accessed July 8, 2011.
  • Kramer MS, Chalmers B, Hodnett ED, et al. Promotion of Breastfeeding Intervention Trial (PROBIT): a randomized trial in the Republic of Belarus. JAMA 2001;285:413-20.
  • DiGirolamo AM, Grummer-Strawn LM, Fein SB. Effect of maternity-care practices on breastfeeding. Pediatrics 2008;122:s43-9.
  • Bartick M, Reinhold A. The burden of suboptimal breastfeeding in the United States: a pediatric cost analysis. Pediatrics 2010;125:e1048-56.
  • US Department of Health and Human Services. Healthy People 2020: Maternal, Infant, and Child Health Objectives. Available at <http://www.healthypeople.gov/2020/topicsobjectives2020/objectiveslist.aspx?topicid=26>. Accessed May 20, 2011.
  • World Health Organization. Evidence for the ten steps to successful breastfeeding. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 1998.
  • Joint Commission. Specifications manual for Joint Commission National Quality Care Measures: perinatal care. Available at <http://manual.jointcommission.org/releases/TJC2011A/PerinatalCare.html>. Accessed May 20, 2011.
  • World Health Organization. International code of marketing of breast-milk substitutes. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 1981.
  • CDC. Breastfeeding report card-United States, 2011. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at <http://www.cdc.gov/breastfeeding/data/reportcard.htm>. Accessed August 1, 2011.
  • US Department of Health and Human Services. The Surgeon General’s call to action to support breastfeeding. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, Office of the Surgeon General; 2011.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ