一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)一酸化炭素曝露-アメリカ、2000~2009年

MMWR抄訳

rss

2011/08/05Vol. 60 / No. 30

MMWR60(30):1014-1017
Carbon Monoxide Exposures - United States, 2000-2000

一酸化炭素曝露-アメリカ、2000~2009年

アメリカでは一酸化炭素(CO)への非意図的な曝露により年間約15,000人が救急外来を受診し、約500人が死亡している。National Poison Data System (NPDS)には2000~2009年の間、CO曝露例が計68,316例(男30,257女34,356、<=17歳:18,896、18~44歳:23,100、45~64歳:7,806、65歳以上:2,287)報告され、毒物曝露の0.29%を占めた。この割合は2000年以降漸減しており、2000年は0.31%、2009年は0.24%であった。人口100万人あたりでは平均23.2/年であり、医療機関への搬送例は11.1~14.3/年、現場での処置例は8.6~14.0/年であった。CO曝露の発生は11~2月に多く(53.5%)、また、発生率(100万人あたり)は中西部(31.2)、北東部(36.7)にて高く、発生場所は住宅(77.6%)、職場(12.0%)が多かった。CO曝露による症状は68.1%の症例にて報告されており、頭痛(66.3%)、悪心(38.0%)、めまい(28.7%)が多く、医療機関への搬送例の18.6%、現場での処置例の6.2%が錯乱、失神、呼吸困難、胸痛を来したが、83.0%の症例が医学的転帰として”影響なし”または”影響は小さい”と判断されている。また、この期間におけるCO曝露による死亡例は235例(男性:65.0%、18~44歳:30.5%)であった。今回の調査ではCO曝露が住宅で多いことから、COアラームの設置が予防策として重要であることが示唆されたが、今後さらに包括的な分析を行い、ハイリスク集団を対象とした予防的介入が必要であると思われる。

References

  • CDC. Carbon monoxide-related deaths-United States, 1999-2004. MMWR 2007;56:1309-12.
  • CDC. Unitintentional, non-fire-related, carbon monoxide exposures-United States, 2001-2003. MMWR 2005;54:36-9.
  • US Census Bureau. Annual estimates of the resident population for the United States, regions, states, and Puerto Rico: April 1, 2000 to July 1, 2009. Washington, DC: Population Division, US Census Bureau; 2010. Available at <http://www.census.gov/popest/states/NST-ann-est.html>. Accessed July 29, 2011.
  • US Census Bureau. Annual Estimates of the Resident Population by Sex and Five-Year Age Groups for the United States: April 1, 2000 to July 1, 2009. Washington, DC: Population Division, US Census Bureau; 2010. Available at <http://www.census.gov/popest/national/asrh/NC-EST2009-sa.html.> Accessed July 29, 2011.
  • Clower JH, Hampson NB, Iqbal S, Yip FY. Recipients of hyperbaric oxygen treatment for carbon monoxide poisoning and exposure circumstances. J Emerg Med. In press 2011.
  • Litovitz T, Benson BE, Youniss J, Metz E. Determinants of U.S. poison center utilization. Clin Toxicol 2010;48:449-57.
  • Iqbal S, Clower JH, Boehmer TK, Yip FY, Garbe P. Carbon monoxide-related hospitalizations in the US: evaluation of a web-based query system for public health surveillance. Public Health Rep 2010;125:423-32.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ