一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)退役軍人における重度の聴覚障害-アメリカ、2010・・・

MMWR抄訳

rss

2011/07/22Vol. 60 / No. 28

MMWR60(28):955-958
Severe Hearing Impairment Among Military Veterans - United States, 2010

退役軍人における重度の聴覚障害-アメリカ、2010年

退役軍人において、兵役に関連した障害で最も多く認められる障害は聴覚機能障害であるが、1993~1995年に行われたEpidemiology of Hearing Loss Studyでは退役軍人と非退役軍人における聴覚障害の発症率に有意な相違は認めないことが示されている。退役軍人における重症聴覚障害(SHI)の発症率について、2010 Annual Social and Economic Supplement (ASEC)およびCurrent Population Survey (CPS)のデータを分析した。2010年において、17歳以上の全人口のうち8.9%が退役軍人であり、2001年9月以降に任務についた退役軍人は0.7%であった。SHIの発症率は非退役軍人にて2.5%、退役軍人では10.4%、2001年9月~2010年のイラク戦争に参加した退役軍人では3.9%であった。非退役軍人におけるSHI発症率に男女差はなく(男性:2.3%、女性:2.5%)、退役軍人では男性:10.9%、女性:4.0%と有意差が認められた。SHI発症率は属していた部門により差があり、管理、事務、経理部門などでは低く、また、人種別では非ラテン系白人にて高く、年齢に伴い上昇する傾向が認められた。人口統計学的および職務因子による補正SHI発症比は、全退役軍人にて1.3であり、2001年9月~2010年3月、アメリカ国内外で任務についていた退役軍人では4.0と非退役軍人に比べ発症率が4倍高値であった。これらの結果から、軍人に対する聴力保護プログラム(HCPs)および現役および退役軍人に対する聴覚損失に関する調査を強化する必要性が示唆された。

References

  • Tak S, Calvert GM. Hearing difficulty attributable to employment by industry and occupation: An analysis of the National Health Interview Survey-United States, 1997 to 2003. J Occup Environ Med 2008;50: 46-56.
  • US Government Accountability Office. Hearing loss prevention: improvements to DOD hearing conservation programs could lead to better outcomes. Washington, DC: US Government Accountability Office; 2011. Available at <http://www.gao.gov/new.items/d11114.pdf>. Accessed July 20, 2011.
  • Wilson RH, Noe CM, Cruickshanks KJ, et al. Prevalence and degree of hearing loss among males in Beaver Dam cohort: comparison of veterans and nonveterans. J Rehabil Res Dev 2010;47:505-20.
  • US Census Bureau. Current population survey, 2010 annual social and economic (ASEC) supplement. Washington, DC: US Census Bureau; 2010. Available at <http://www.census.gov/apsd/techdoc/cps/cpsmar10.pdf>. Accessed July 15, 2011.
  • Committee on Noise-Induced Hearing Loss and Tinnitus Associated with Military Service from World War II to the Present. Noise and military service: implications for hearing loss and tinnitus. Humes LE, Joellenbeck LM, Durch JS, eds. Washington, DC: The National Academies Press; 2004.
  • National Center for Rehabilitative Auditory Research. Calendar year 2009 annual report. Portland, OR: Department of Veterans Affairs, Rehabilitation Research and Development; 2010.
  • Veterans Benefits Administration. Annual benefits report, fiscal year 2009. Washington, DC: US Department of Veterans Affairs; 2010. Available at <http://www.vba.va.gov/reports/abr/2009_abr.pdf>. Accessed July 15, 2011.
  • Sindhusake D, Mitchell P, Smith W, et al. Validation of self-reported hearing loss: the Blue Mountain hearing study. Int J Audiol 2006;45: 309-17.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ