一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)金属リサイクル工場における塩素ガス曝露-カリフォル・・・

MMWR抄訳

rss

2011/07/22Vol. 60 / No. 28

MMWR60(28):951-954
Chlorine Gas Exposure at a Metal Recycling Facility - California, 2010

金属リサイクル工場における塩素ガス曝露-カリフォルニア州、2010年

2010年6月8日午後2時44分、カリフォルニア州の金属リサイクル工場において、リサイクルされる予定の破裂した1トンの低圧タンクから塩素ガスが流出し、工場の従業員、客および周辺施設の労働者など29名がガスに曝露し、23名が病院に搬送され治療を受けた。29名の年齢は平均40(2~77)歳、インタビューが可能であった27名のうち男性は21名(78%)、ラテン系が20名(74%)であった。ガスが流出したとき、15名(56%)は外におり、24名(89%)が異臭に気が付いたと回答、曝露時間は13名(48%)が30分以上であった。23名(85%)が24時間以内に体調不良を訴え、症状は咳および呼吸困難(各22名、82%)、頭痛(21名、78%)、鼻、喉、肺の灼熱痛(20名、74%)、鼻水や痰の増加(19名、70%)などが多く認められた。持病として高血圧(5名、19%)、糖尿病(4名、15%)、アレルギー(3名、11%)などを認めたが、呼吸器系疾患(喘息、慢性閉塞性肺疾患など)は認めなかった。病院で治療を受けた23名のうち、17名(74%)は処置後帰宅したが、6名(26%、うち5名は工場の従業員)は入院し、β2作動薬の噴霧を受け、5名に酸素、3名にステロイド、2名に抗生物質が投与された。入院は1~4日間であったが、1名は11日間入院し、うち2日間は人工呼吸器を必要とした。この事故を受け、California Department of Public Health (CDPH) Division of Enviromental and Occupational Disease ControlおよびEmergency Planning and Preparedness Teamはアメリカ国内1,200のリサイクル工場に、Chemical Release Alertを郵送し、開封され乾燥したコンテナのみを受け入れ、閉鎖されたコンテナは危険廃棄物として扱うこと、また、有毒ガスが流出した場合は避難経路を確保し、風上に留まるよう訓練することを警告している。

References

  • Fischbach FT, Dunning MB. A manual of laboratory and diagnostic tests. Philadelphia, PA: Lippincott Williams & Wilkins, 2009:973.
  • Agency for Toxic Substance and Disease Registry. Hazardous Substance Emergency Events Surveillance. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, Agency for Toxic Substances and Disease Registry; 2008-2009. Available at <http://www.atsdr.cdc.gov/hs/hsees/public_use_file.html>. Accessed July 19, 2011.
  • Emergency Planning and Preparedness Team, Division of Environmental and Occupational Disease Control, California Department of Public Health. Chemical release alert: chlorine gas release at two scrap recycling facilities. Sacramento, California: California Department of Public Health; 2010. Available at <http://www.cdph.ca.gov/programs/ohb/documents/chlorinereleasealert.pdf> or at [Spanish] <http://www.cdph.ca.gov/programs/ohb/documents/chlorinereleasealertspan.pdf>. Accessed July 15, 2011.
  • Winder C. The toxicology of chlorine. Environ Res 2001;85:105-14.
  • Agency for Toxic Substances and Disease Registry. Toxicological profile for chlorine. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, Agency for Toxic Substances and Disease Registry; 2004.
  • Guloglu C, Kara IH, Erten PG. Acute accidental exposure to chlorine gas in the Southeast of Turkey: a study of 106 cases. Environ Res 2002; 88:89-93.
  • Hedges JR, Morrissey WL. Acute chlorine gas exposure. JACEP 1979;8: 59-63.
  • Jones RN, Hughes JM, Glindmeyer H, Weill H. Lung function after acute chlorine exposure. Am Rev Respir Dis 1986;134:1190-5.
  • Mohan A, Kumar SN, Rao MH, Bollineni S, Manohar IC. Acute accidental exposure to chlorine gas: clinical presentation, pulmonary functions and outcomes. Indian J Chest Dis Allied Sci 2010;52: 149-52.
  • Wenck MA, Van Sickle D, Drociuk D, et al. Rapid assessment of exposure to chlorine released from a train derailment and resulting health impact. Public Health Rep 2007;122:784-92.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ