一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)臭化メチルによる燻蒸消毒商品への曝露と関連した疾患・・・

MMWR抄訳

rss

2011/07/15Vol. 60 / No. 27

MMWR60(27):923-926
Illness Associated with Exposure to Methyl Bromide-Fumigated Produce - California, 2010

臭化メチルによる燻蒸消毒商品への曝露と関連した疾患-カリフォルニア州、2010年

臭化メチルは、農地や一部の商品の燻蒸消毒に使用される有害ガスである。U.S. Department of Agriculture(USDA)は、チリから輸入されるブドウに対してダニ(Brevipalpus chilensis)の侵入阻止のため臭化メチルによる燻蒸消毒を要求している。2010年、臭化メチル処理されたブドウが貯蔵されているカリフォルニア州Carsonの冷蔵施設Aで働いている商品の品質検査員2名が重度の神経症状を発症した。この報告は、これら2症例の概要と環境調査の結果について述べたものである。患者A(22歳男性)は2009年12月下旬~2010年3月13日まで施設A内で週3~4日(長時間勤務シフト)働いており、2010年1月後期から運動失調や集中力の低下、めまい、視覚障害が発現した。患者B(52歳男性)は2009年12月~2010年2月18日まで施設A内で週4~5日、1日8時間以上働いており、2010年1月以降にめまいや発語障害、運動障害、記憶障害などが発現した。2名とも施設Aでの最後の作業日の血清中臭化物濃度が上昇していた。4月13~21日に実施された施設Aの環境調査において燻蒸消毒されたブドウの輸送・貯蔵中に臭化メチルが閉鎖区域内に蓄積した可能性が明らかになり、閉鎖区域での臭化メチル曝露が中毒の原因であることが示唆された。貯蔵施設内における燻蒸消毒後の臭化メチル曝露を減少させるための対策としては、通気時間の延長、臭化メチルを吸収あるいは通気を制限する可能性のある梱包の削減、空気の流れを改善するためのパレットの積み方の変更がある。臭化メチルで燻蒸消毒した商品を作業者が立ち入る閉鎖スペースに貯蔵する場合には施設内の臭化メチルの空気中濃度を監視する必要があり、燻蒸剤曝露の可能性がある作業者にはこれらの殺菌剤に関連した健康リスクの情報を提供するべきである。また医師は、神経症状の鑑別診断時に作業や環境に関連した臭化メチル曝露を考慮するべきである。

References

  • US Department of Agriculture. Treatment manual. Washington, DC: US Department of Agriculture; 2010. Available at <http://www.aphis.usda.gov/import_export/plants/manuals/ports/downloads/treatment.pdf>. Accessed July 11, 2011.
  • US Environmental Protection Agency. Report of Food Quality Protection Act (FQPA) tolerance reassessment and risk management decision (TRED) for methyl bromide, and reregistration eligibility decision (RED) for methyl bromide’s commodity uses. Washington, DC: US Environmental Protection Agency; 2006. Available at <http://www.epa.gov/opp00001/reregistration/REDs/methyl_bromide_tred.pdf>. Accessed July 11, 2011.
  • Nicas M. Estimating methyl bromide exposure due to offgassing from fumigated commodities. Appl Occup Environ Hyg 2003;18;200-10.
  • Office of Pesticide Programs, US Environmental Protection Agency. Reregistration eligibility decision (RED) for methyl bromide. Washington, DC: US Environmental Protection Agency; 2008. Available at <http://www.epa.gov/oppsrrd1/reregistration/REDs/methylbromide-red.pdf>. Accessed July 11, 2011.
  • Rathus EM, Landy PJ. Methyl bromide poisoning. Br J Ind Med 1961; 18:53-7.
  • Hine CH. Methyl bromide poisoning. A review of ten cases. J Occup Med 1969;11:1-10.
  • O’Malley M. Clinical evaluation of pesticide exposure and poisonings. Lancet 1997;349:1161-6.
  • Horowitz Z, Albertson T, O’Malley M, Swenson E. An unusual exposure to methyl bromide leading to fatality. J Toxicol Clin Toxicol 1998; 36:353-7.
  • Geyer HL, Schaumburg HH, Herskovitz S. Methyl bromide intoxication causes reversible symmetric brainstem and cerebellar MRI lesions. Neurology 2005;64:1279-81.
  • Suwanlaong K, Phanthumchinda K. Neurological manifestation of methyl bromide intoxication. J Med Assoc Thai 2008;91:421-6.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ