一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)サマーキャンプでのクリプトスポリジウム症のアウトブ・・・

MMWR抄訳

rss

2011/07/15Vol. 60 / No. 27

MMWR60(27):918-922
Cryptosporidiosis Outbreak at a Summer Camp - North Carolina, 2009

サマーキャンプでのクリプトスポリジウム症のアウトブレイク-ノースキャロライナ、2009年

2009年6月24日、ノースキャロライナ州の地区の保健局は、青少年サマーキャンプの参加者とスタッフが下痢を発症したという報告を受けた。その後6月30日までにこのキャンプにおいて4例の検査確定クリプトスポリジウム症患者と30例以上の下痢患者が同定されたことから、地区・地域・州・連邦の保健局はこのクリプトスポリジウム症のアウトブレイクの調査を開始した。全体として46例のクリプトスポリジウム症患者(検査確定例12例、可能性例34例)が同定された。キャンプのスタッフを対象としたレトロスペクティブコホート研究を行ったが(129名中123名が回答)、クリプトスポリジウム症の発症と有意に関連した因子はサンドイッチバーのハムと発症者とのキャビンの共有のみであった。Cryptosporidiumは12例の便検体から検出され、キャンプ内で飼われていた子ウシ22頭中3頭、ヤギ3頭中1頭(子ヤギ)、ブタ2頭中1頭(子ブタ)の便検体からもC.parvumが検出された。ヒト由来C.parvum7株と動物由来C.parvum5株のサブタイプ分析を行った結果、ヒト由来7株全てと動物由来4株のサブタイプ(IIaA17G2R1)が一致した。これより、このクリプトスポリジウム症のアウトブレイクは離乳前のウシを感染源とした人獣共通伝播によって発生したことが示唆された。この感染経路は、従来の疫学研究手法では明らかにならなかった。キャンプスタッフは子ウシとの接触前後に希釈した漂白剤を手に噴霧するよう奨励していたが、家畜小屋区域の手洗い台は利用できなかった。また環境調査では、庭の複数の土壌検体からCryptosporidium属が検出された。アウトブレイク発生後、このキャンプは感染制御対策(家畜小屋区域における手洗い台の設置など)を実施した。動物のいるキャンプにおけるCryptosporidium伝播のリスク低下戦略(手指衛生、衛生設備の設置など)の重要性と、クリプトスポリジウム症の疫学を解明するツールとしてのCryptosporidiumのサブタイプ分析の有用性が示唆された。

References

  • Santin M, Trout JM, Xiao L, Zhou L, Greiner E, Fayer R. Prevalence and age-related variation of Cryptosporidium species and genotypes in dairy calves. Vet Parasitol 2004;122:103-17.
  • Xiao L, Hlavsa MC, Yoder J, et al. Subtype analysis of Cryptosporidium specimens from sporadic cases in Colorado, Idaho, New Mexico, and Iowa in 2007: widespread occurrence of one Cryptosporidium hominis subtype and case history of an infection with the Cryptosporidium horse genotype. J Clin Microbiol 2009;47:3017-20.
  • Yoder JS, Beach MJ. Cryptosporidium surveillance and risk factors in the United States. Exp Parasitol 2010;124:31-9.
  • Smith KE, Stenzel SA, Bender JB, et al. Outbreaks of enteric infections caused by multiple pathogens associated with calves at farm day camp. Pediatr Infect Dis 2004;23:1098-104.
  • Moss DM, Chappell CL, Okhuysen PC, et al. The antibody response to 27-, 17-, and 15-kDa Cryptosporidium antigens following experimental infection in humans. J Infect Dis 1998;178:827-33.
  • Smith HV, Caccio SM, Cook N, Nichols RAB, Tait A. Cryptosporidium and Giardia as foodborne zoonoses. Vet Parasitol 2007;149:29-40.
  • CDC. Compendium of measures to prevent disease associated with animals in public settings, 2011. MMWR 2011;60(No. RR-4).
  • Blackburn BG, Mazurek JM, Hlavsa M, et al. Cryptosporidiosis associated with ozonated apple cider. Emerg Infect Dis 2006;12:684-6.
  • Xiao L, Zhou L, Santin M, Yang W, Fayer R. Distribution of Cryptosporidium parvum subtypes in calves in eastern United States. Parasitol Res 2007;100:701-6.
  • Valderrama AL, Hlavsa MC, Cronquist A, et al. Multiple risk factors associated with a large statewide increase in cryptosporidiosis. Epidemiol Infect 2009;137:1781-8.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ