一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)最高興業収入映画における喫煙-アメリカ、2010年

MMWR抄訳

rss

2011/07/15Vol. 60 / No. 27

MMWR60(27):909-913
Smoking in Top-Grossing Movies - United States, 2010

最高興業収入映画における喫煙-アメリカ、2010年

National Cancer Instituteは映画の喫煙シーンと青少年の喫煙開始との因果関係を示唆しており、2010年U.S. Department of Health and Human Servicesのタバコ使用減少計画には青少年が映画の喫煙シーンに触れるのを減少させることが含まれている。映画におけるタバコ使用を監視するため、Breathe California of Sacramento-Emigrant TrailsのプロジェクトであるThumbs Up! Thumbs Down!(TUTD)は毎年アメリカの最高興業収入映画におけるタバコの出現回数を数えている。この報告は、最高興業収入映画におけるタバコ使用に関する2010年の情報をTUTDの最新調査結果も含めて紹介し、2005年の情報と比較したものである。最高興業収入映画におけるタバコの非出現率は2005年の33.3%(49/147本)から2010年には54.7%(75/137本)に増加し、R指定映画では2005年4.7%(2/43本)、2010年29.2%(14/48本)、青少年向け映画(レーティング:G、PG、PG-13)では2005年45.2%(47/104本)、2010年69.3%(61/88本)であった。青少年向け映画におけるタバコの出現回数は2005年の2,093回から2010年には595回に減少し(低下率71.6%)、青少年向け映画1本あたりのタバコの平均出現回数も2005年の20.1回から2010年には6.8回に減少した(低下率66.2%)。しかしこの低下率は映画会社によってかなり変動があり、アメリカの主要な映画会社6社のうち自社映画でのタバコ使用を減少させる方針を公表した3社の制作映画では1本あたりのタバコの出現回数が平均95.8%低下したが、減少方針を公表していない3社とその他の映画会社はタバコ出現回数の低下率が41.7%であった。アメリカの主要映画会社3社が採用した青少年向け映画でのタバコ使用を減少させるという制作方針は映画におけるタバコの出現をかなり減少させる可能性があり、青少年の喫煙開始を防ぐ上で有用と考える。

References

  • National Cancer Institute. Tobacco control monograph 19: the role of the media in promoting and reducing tobacco use. Bethesda, MD: US Department of Health and Human Services, National Institutes of Health, National Cancer Institute; 2008. Available at <http://www.cancercontrol.cancer.gov/tcrb/monographs/19/index.html>. Accessed July 11, 2011.
  • Millett C, Glantz SA. Assigning an ‘18’ rating to movies with tobacco imagery is essential to reduce youth smoking. Thorax 2010;65:377-8.
  • US Department of Health and Human Services. Ending the tobacco epidemic: a tobacco control strategic action plan for the U.S. Department of Health and Human Services. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2010. Available at <http://www.hhs.gov/ash/initiatives/tobacco/tobaccostrategicplan2010.pdf>. Accessed July 11, 2011.
  • CDC. Smoking in top-grossing movies-United States, 1991-2009. MMWR 2010;59:1014-7.
  • CDC. Tobacco use among middle and high school students-United States, 2000-2009. MMWR 2010;59:1063-8.
  • CDC. Cigarette use among high school students-United States, 1991-2009. MMWR 2010;59:797-801.
  • US Department of Health and Human Services. Preventing tobacco use among young people: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 1994. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/data_statistics/sgr/1994/index.htm>. Accessed July 11, 2011.
  • World Health Organization. Smoke-free movies: from evidence to action. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2009. Available at <http://www.who.int/tobacco/smoke_free_movies/en>. Accessed July 11, 2011.
  • Sargent JD, Tanski SE, Gibson J. Exposure to movie smoking among US adolescents aged 10 to 14 years: a population estimate. Pediatrics 2007;119:e1167-76.
  • Millett C, Polansky J, Glantz S. Government inaction on ratings and government subsidies to the US film industry help promote youth smoking. PLoS Medicine. In press.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ