一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)薬物中毒死-フロリダ州、2003~2009年

MMWR抄訳

rss

2011/07/08Vol. 60 / No. 26

MMWR60(26):869-872
Drug Overdose Deaths - Florida, 2003-2009

薬物中毒死-フロリダ州、2003~2009年

2007年、アメリカにおける事故災害死の原因は、交通事故に次いで「故意ではない中毒」が第2位であり、うち93%は薬物中毒である。1990年~2001年、フロリダ州では自殺目的ではない中毒による死亡率が325%増加しており、CDCは薬物中毒の最近の傾向について、2003~2009年のFlorida Medical Examiners Commissionデータの分析を行った。2003~2009年の薬物中毒による死亡者は16,550例、年間死亡者数は1,804例から2,905例へ61.0%増加、死亡率(10万人あたり)は10.6から15.7へ47.5%増加しており、2009年は1日に約8件の中毒死が起こった計算となる。薬物中毒死の85.9%が故意ではない中毒であり、自殺:11.1%、不明:2.6%、殺人/捜査中:0.4%であった。原因となった薬物は処方薬:76.1%、違法薬物:33.9%であり、10%にて処方薬と違法薬物の両方が致死量以上検出された。2003年における薬剤別の死亡率(10万人あたり)はコカインが3.2で最も高く、メタドン(2.2)、オキシコドン(1.7)、ヘロイン(1.4)、モルヒネ/アルプラゾラム(1.3)、ヒドロコドン(1.1)と続き、2009年はオキシコドンが6.4と最も高く、アルプラゾラム(4.4)、メタドン(3.9)、コカイン(2.8)、モルヒネ(1.6)、ヒドロコドン(1.4)、ヘロイン(0.5)の順であった。死亡率の変化率はオキシコドンが最も大きく増加し(264.6%)、次いでアルプラゾラム(233.8%)、メタドン(79.2%)、ヒドロコドン(34.9%)、モルヒネ(26.2%)と続き、ヘロインは62.2%減少、コカインは2007年まで増加し、その後39.1%減少していた。このように処方薬による死亡率が大きく増加し、違法薬物では減少していることから、処方薬の過量摂取を抑制するための積極的な介入が必要であることが示唆された。

References

  • CDC. Web-based Injury Statistics Query and Reporting System (WISQARS). Available at <http://www.cdc.gov/injury/wisqars/index.html>. Accessed June 30, 2011.
  • CDC. CDC Wide-Ranging Online Data for Epidemiologic Research (WONDER). Available at <http://wonder.cdc.gov>. Accessed June 30, 2011.
  • CDC. Unintentional and undetermined poisoning deaths-11 states, 1990-2001. MMWR 2004;53:233-8.
  • Florida Department of Law Enforcement. Drugs identified in deceased persons by Florida medical examiners. Tallahassee, FL: Florida Department of Law Enforcement; 2010. Available at <http://www.fdle.state.fl.us/content/getdoc/036671bc-4148-4749-a891-7e3932e0a483/publications.aspx>. Accessed June 30, 2011.
  • Warner M, Chen LH, Makuc DM. Increase in fatal poisonings involving opioid analgesics in the United States, 1999-2006. NCHS data brief No. 22. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2009. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/databriefs/db22.htm>. Accessed July 6, 2011.
  • Office of Applied Studies, Substance Abuse and Mental Health Services Administration. The DAWN report: highlights of the 2009 Drug Abuse Warning Network (DAWN) findings on drug-related emergency department visits. Rockville, MD: Substance Abuse and Mental Health Services Administration; 2010. Available at <http://oas.samhsa.gov/2k10/dawn034/edhighlights.cfm>. Accessed June 30, 2011.
  • Office of the Medical Examiner. 2009 calendar year annual report. Louisville, KY: Office of the Medical Examiner; 2010.
  • Satz MJ. Interim report of the Broward County Grand Jury: the proliferation of pain clinics in South Florida. Ft. Lauderdale, FL: Seventeenth Judicial Circuit; 2009. Available at <http://sao17.state.fl.us/pill%20mill%20grand%20jury.pdf>. Accessed June 30, 2011.
  • Florida Department of Health. Pain clinic registration. Tallahassee, FL: Florida Department of Health; 2011. Available at <http://www.doh.state.fl.us/mqa/medical/me_pain.html>. Accessed June 30, 2011.
  • Alliance of States with Prescription Monitoring Programs. About the Alliance. Available at <http://www.pmpalliance.org/node/2>. Accessed July 6, 2011.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ