一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)ワクチン由来ポリオウイルスに関する最新情報-全世界・・・

MMWR抄訳

rss

2011/07/01Vol. 60 / No. 25

MMWR60(25):846-850
Update on Vaccine-Derived Polioviruses - Worldwide, July 2009-March 2011

ワクチン由来ポリオウイルスに関する最新情報-全世界、2009年7月~2011年3月

ポリオ根絶戦略として、経口弱毒化生ポリオワクチン(OPV)は投与が簡単で安価であり、持続的な液性免疫反応により麻痺性疾患の長期予防効果が得られるなど多くの有益性がある。しかしOPV接種は免疫学的に正常な接種者やその接触者におけるワクチン関連麻痺性ポリオの発症リスクとワクチン由来ポリオウイルス(VDPV)の発現リスクを高めるため、野生型ポリオウイルスの伝播根絶時には全世界でOPVの使用が中止される予定である。VDPVはOPV接種率の低い地域においてポリオのアウトブレイクを発生させる可能性があり、免疫不全患者において長期間複製される可能性もある。この報告はVDPVの特徴とウイルス学的検査法について概説し、2009年7月~2011年3月の世界における循環型VDPV(cVDPV)・免疫不全関連型VDPV(iVDPV)・免疫不全状態不明あるいは感染源不明患者由来のVDPV(ambiguous VDPV[aVDPV])の検出状況(2011年6月20日の時点での報告)をまとめたものである。cVDPV については、2009年7月~2011年3月に新たなアウトブレイクが3件(アフガニスタン:6例、エチオピア:7例、インド:16例)発生した。またナイジェリア、コンゴ民主共和国、ソマリアでは以前発生したアウトブレイクが続いており、全患者数はナイジェリア(2005~2011年)が355例、コンゴ民主共和国(2008~2010年)が37例、ソマリア(2008~2011年)が13例となった。さらにニジェールとチャドではナイジェリアからのcVDPVの輸入例(各1例)が同定された。iVDPVは、中所得の発展途上国7ヶ国(アルジェリア、中国、コロンビア、インド、イラク、スリランカ、トルコ)の免疫不全患者9例より分離された。aVDPVは15ヶ国(エストニア・フィンランド・イスラエルなど)の臨床・環境検体より検出された。2009年7月~2011年3月のcVDPVアウトブレイクの年間発生数は過去の報告に比べて増加したが、この原因には2005年以降のOPV代替製剤(1価OPV1、2価OPV)の使用やポリオウイルスのサーベイランスの感度の向上、スクリーニング検査の改善が関与していた。VDPVの出現と拡大を防ぐため、全ての国々は3種類のポリオウイルス血清型全てに対するポリオワクチンの高接種率を維持し、VDPVを検出するための高感度のサーベイランスを続ける必要がある。

References

  • CDC. Progress toward interrupting wild poliovirus transmission-worldwide, January 2010-March 2011. MMWR 2011;60:582-6.
  • CDC. Update on vaccine-derived polioviruses. MMWR 2006; 55: 1093-7.
  • CDC. Update on vaccine-derived polioviruses-worldwide, January 2008-June 2009. MMWR 2009;58:1002-6.
  • CDC. Tracking progress toward global polio eradication-worldwide, 2009-2010. MMWR 2011;60:441-5.
  • CDC. Progress toward poliomyelitis eradication-India, January 2009-October 2010. MMWR 2010;59:1581-5.
  • Jenkins HE, Aylward RB, Gasasira A, et al. Implications of a circulating vaccine-derived poliovirus in Nigeria. N Engl J Med 2010;362:2360-9.
  • Wassilak S, Pate MA, Wannemuehler K, et al. Outbreak of type 2 vaccine-derived poliovirus in Nigeria, 2005-2009: emergence and widespread circulation in an underimmunized population. J Infect Dis 2011;203: 898-909.
  • Roivainen M, Blomqvist S, Al-Hello H, et al. Highly divergent neurovirulent vaccine-derived polioviruses of all three serotypes are recurrently detected in Finnish sewage. Euro Surveill 2010;15:pii/19566.
  • Shulman LM, Manor Y, Sofer D, et al. Neurovirulent vaccine-derived polioviruses in sewage from highly immune populations. PLoS ONE 2006;1:e69.
  • Nathanson N, Kew OM. From emergence to eradication: the epidemiology of poliomyelitis deconstructed. Am J Epidemiol 2010;172: 1213-29.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ