一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)成人の血中鉛の疫学とサーベイランス-アメリカ、20・・・

MMWR抄訳

rss

2011/07/01Vol. 60 / No. 25

MMWR60(25):841-845
Adult Blood Lead Epidemiology and Surveillance - United States, 2008-2009

成人の血中鉛の疫学とサーベイランス-アメリカ、2008~2009年

鉛曝露は、複数の臓器に様々な程度(無症候性の機能変化から症候性・致死性毒性まで)の急性・持続性の悪影響を及ぼす。成人の血中鉛濃度(BLL)は公衆衛生対策の改善によりかなり低下したが、鉛曝露は全世界において依然として健康上の重要問題である。アメリカの成人におけるBLLの傾向を更新し、鉛曝露リスクが高い産業サブセクターと非職業性活動を同定するため、CDCは40州におけるAdult Blood Lead Epidemiology and Surveillance(ABLES)プログラムの2008~2009年のデータを分析した。アメリカの成人(=16歳)におけるBLL高値(=25μg/dL)の有病率(成人雇用者10万人あたり)は、1994年の14.0から2008年には7.4、2009年には6.3に低下した。州別有病率は2008年が0.5(ハワイ州)~37.6(ペンシルベニア州)、2009年が0.3(ハワイ州)~32.0(ペンシルベニア州)であった。産業および鉛曝露源のデータが得られた全BLL高値成人における職業関連曝露の割合は2008年(37州)が71.9%(6,081/8,450例)、2009年(38州)が70.1%(4,998/7,112例)であり、曝露タイプ(職業関連・非職業関連)のデータが得られたBLL高値成人における職業関連曝露の割合は2008年が94.8%(6,081/6,418例)、2009年が93.8%(4,998/5,326例)であった。BLL高値の成人雇用者の割合が最も高い産業セクターは製造業(2008年72.1%、2009年72.3%)、建設業(それぞれ13.2%、14.4%)、鉱業(6.6%、5.1%)、産業サブセクターはバッテリー製造業、非鉄金属製錬業、塗装・壁紙張り業であった。非職業性のBLL高値成人(2008年337例、2009年328例)における最も一般的な鉛曝露源は、小火器による射撃、建て替え・改装・塗装であった。政府機関・雇用主・公衆衛生専門家・医療提供者・労働組合は、職場での鉛曝露を防ぐための介入を強化する必要がある。また介入の有効性を評価するための鉛曝露サーベイランスの実施も重要である。

References

  • CDC. Adult blood lead epidemiology and surveillance-United States, 2003-2004. MMWR 2006;55:876-9.
  • Kosnett MJ, Wedeen, RP, Rothenberg SJ, et al. Recommendations for medical management of adult lead exposure. Environ Health Perspect 2007;115:463-71.
  • Association of Occupational and Environmental Clinics. Medical management guidelines for lead-exposed adults. Washington, DC: Association of Occupational and Environmental Clinics; 2007. Available at <http://www.aoec.org/documents/positions/mmg_final.pdf. Accessed June 27, 2011>.
  • Bureau of Labor Statistics. Local Area Unemployment Statistics (LAUS). Washington, DC: US Department of Labor, Bureau of Labor Statistics; 2011. Available at <http://www.bls.gov/data. Accessed March 1, 2011>.
  • National Institute for Occupational Safety and Health. Adult Blood Lead Epidemiology & Surveillance (ABLES). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health. Available at <http://www.cdc.gov/niosh/topics/ables/ables.html>. Accessed June 27, 2011.
  • Tak S, Roscoe RJ, Alarcon W, et al. Characteristics of US workers whose blood lead levels trigger the medical removal protection provision, and conformity with biological monitoring requirements, 2003-2005. Am J Ind Med 2008;51:691-700.
  • US Department of Health and Human Services. Healthy people 2020: occupational safety and health. OSH-7: reduce the proportion of persons who have elevated blood lead concentrations from work exposures. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2011. Available at <http://www.healthypeople.gov/2020/topicsobjectives2020/objectiveslist.aspx?topicid=30. Accessed June 27, 2011>.
  • National Center for Health Statistics. Health Indicators Warehouse: elevated blood led rates in adults. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics. Available at <http://www.healthindicators.gov/Indicators/Elevated-blood-lead-rates-in-adults_1300/National_0/Profile>. Accessed June 27, 2011.
  • Whittaker SG. Lead exposure in radiator repair workers: a survey of Washington State radiator repair shops and review of occupational lead exposure registry data. J Occup Environ Med 2003;45:724-33.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ