一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)刑務所に収容されている男性の医学的評価へのHIVス・・・

MMWR抄訳

rss

2011/06/24Vol. 60 / No. 24

MMWR60(24):811-813
HIV Screening of Male Inmates During Prison Intake Medical Evaluation - Washington, 2006-2010

刑務所に収容されている男性の医学的評価へのHIVスクリーニングの取り入れ-ワシントン州、2006~2010年

ワシントン州の矯正省(Washington State Department of Corrections:WSDOC)は州内12ヶ所の刑務所を管轄している。これらの刑務所には約15,000人の男性受刑者が収容されており、毎年、約6,700人が入れ替わる。新たに収容される受刑者は到着から14日以内に医学的な検査を受け、HIV陽性の場合は感染を告知し、治療が行われる。2007年9月までは刑務所でのHIV検査は囚人の要求があった場合にのみ実施していたが、その後、囚人の同意が得られた場合は、参加選択(opt-in)にて医学的検査にHIVのスクリーニング検査を定期的に組み入れることとし、2010年3月には不参加選択(opt-out)とし、拒否した場合のみスクリーニング検査をしないこととした。その結果、年間の検査数は2007年9月までは360件、参加選択とした後は4,780件(新規収容者の約72%)、不参加選択への変更後は5,899件(同約90%)となった。検査数の増加に伴い、新規診断例も増加し、2007年9月までは1.8例/年であったが、参加選択としていた期間(30.5ヶ月間)では5.1例/年、不参加選択とした後(9.5ヶ月間)は7.6例/年となった。新規診断例19例の調査では、年齢20~58(平均:35)歳、アメリカンインディアン/アラスカ原住民:3(16%)、ラテン系:1(5%)、非ラテン系黒人:5(26%)、非ラテン系白人:10(53%)、異性愛者:8(42%)、静注ドラック使用者:6(32%)、男性同性愛者:4(21%)であり、診断時のCD4数は422(71~898)/mm3であり、<500/mm3:9例、<200/mm3:3例であった。以上、Opt-out HIVスクリーニングはopt-inスクリーニングに比べ検査数の増加および症例検出率が大きく向上していた。

References

  • CDC. Revised recommendations for HIV testing of adults, adolescents, and pregnant women in health-care settings. MMWR 2006;55 (No. RR-14).
  • CDC. HIV testing implementation guidance for correctional settings. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2009. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/topics/testing/resources/guidelines/correctional-settings>. Accessed June 21, 2010.
  • CDC. Revised guidelines for HIV counseling, testing, and referral. MMWR 2001;50(No. RR-19).
  • Marks G, Crepaz N, Janssen RS. Estimating sexual transmission of HIV from persons aware and unaware that they are infected with the virus in the USA. AIDS 2006;20:1447-50.
  • Desai AA, Latt AT, Spaulding A, Rich JD, Flanigan TP. The importance of routine HIV testing in the incarcerated population: the Rhode Island experience. AIDS Educ Prev 2002;14(5 Suppl B):45-52.
  • Young SD, Monin B, Owens D. Opt-out testing for stigmatized diseases: A social psychological approach to understanding the potential effect of recommendations for routine HIV testing. Health Psychol 2009;28: 675-81.
  • Sabol WJ, Minton TD, Harrison PM. Prison and jail inmates at midyear 2006. Washington, DC: Office of Justice Programs, US Department of Justice; 2007. Bureau of Justice Statistics Bulletin NCJ 217675. Available at <http://bjs.ojp.usdoj.gov/content/pub/pdf/pjim06.pdf>. Accessed June 15, 2011.
  • CDC. HIV prevalence estimates-United States, 2006. MMWR 2008;57:1073-6.
  • Washington State Department of Corrections. Quarterly fact card, December 31, 2010. Olympia, WA: Washington State Department of Corrections; 2010. Available at <http://www.doc.wa.gov/aboutdoc/docs/msfactcard.pdf>. Accessed May 24, 2011.
  • MacGowan R, Margolis A, Richardson-Moore A, et al. Voluntary rapid human immunodeficiency virus (HIV) testing in jails. Sex Transm Dis 2009;36(2 Suppl):S9-13.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ