一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)拡大HIV検査イニシアティブの結果-25管轄地域、・・・

MMWR抄訳

rss

2011/06/24Vol. 60 / No. 24

MMWR60(24):805-810
Results of the Expanded HIV Testing Initiative - 25 Jurisdictions, United States, 2007-2010

拡大HIV検査イニシアティブの結果-25管轄地域、アメリカ、2007~2010年

アメリカでは2008年末の時点で生存HIV感染例120万人のうち約20%が感染を認識していないと推定されている。HIV感染の検査、診断、治療、高活性抗レトロウイルス療法(HAART)および感染直後の予防対策により罹患率、死亡率および伝播リスクが抑制されることから、CDCは2006年、13~64歳に対しHIVスクリーニング検査を受けるよう勧告を出し、2007年には国内25の保健省が管轄する地域において拡大HIV検査イニシアティブ(ETI)を開始し、とくに非ラテン系黒人に対するHIVスクリーニングおよび診断を強化している。ここではその結果を報告する。2007年10月~2010年9月におけるHIV検査数は2,786,739であり、うち29,503(1.1%)が陽性、18,432例(0.7%)が新規診断例であった。このうち追跡可能であった17,247例では、15,737例が検査結果を受け取り、12,711例が医療機関を受診、14,234例がパートナーサービスを受けていた。性別では男性が全検査数の55%、新規診断例の72%を占め、陽性率は男性(0.9%)が女性(0.4%)の約2倍高値を示した。人種別では非ラテン系黒人が非ラテン系白人およびラテン系(それぞれ60%、18%%、16%)に比べ検査数は約3倍、新規診断例(70%、14%、12%)は約5倍多く、陽性率はそれぞれ0.8%、0.5%、0.5%と非ラテン系黒人が約1.6倍高値を示した。ETIの開始からの3年間で検査を行う施設は1,331ヶ所となり、性感染症(STD)クリニック(281、21.1%)、地域の保健センター(270、20.3%)が多く、新規診断例はそれぞれ3,302例(19.7%)、2,061例(12.3%)認められた。また、救急外来108ヶ所(8.1%)にて5,048例(32.3%)の新規感染例が認められている。

References

  • CDC. HIV surveillance-United States, 1981-2008. MMWR 2011; 60: 689-93.
  • Palella FJ, Deloria-Knoll M, Chmiel JS, et al. Survival benefit of initiating antiretroviral therapy in HIV-infected persons in different CD4+ cell strata. Ann Intern Med 2003;138:620-6.
  • Antiretroviral Therapy Cohort Collaboration. Life expectancy of individuals on combination antiretroviral therapy in high-income countries: a collaborative analysis of 14 cohort studies. Lancet 2008;372:293-9.
  • Marks G, Crepaz N, Senterfitt JW, Janssen RS. Meta-analysis of high-risk sexual behavior in persons aware and unaware they are infected with HIV in the United States: implications for HIV prevention programs. J Acquir Immune Defic Syndr 2005;39:446-53.
  • Donnell D, Baeten JM, Kiarie J, et al. Heterosexual HIV-1 transmission after initiation of antiretroviral therapy: a prospective cohort analysis. Lancet 2010;375:2092-8.
  • National Institute of Allergy and Infectious Diseases. Treating HIV-infected people with antiretrovirals protects partners from infection: findings result from NIH-funded international study. Bethesda, Maryland: US Department of Health and Human Services, National Institutes of Health, National Institute of Allergy and Infectious Diseases; 2011. Available at <http://www.niaid.nih.gov/news/newsreleases/2011/pages/hptn052.aspx>. Accessed June 17, 2011.
  • CDC. Revised recommendations for HIV testing of adults, adolescents, and pregnant women in health-care settings. MMWR 2006;55(No. RR-14).
  • Office of National AIDS Policy. National HIV/AIDS Strategy. Washington, DC: Office of National AIDS Policy; 2010. Available at <http://www.whitehouse.gov/administration/eop/onap/nhas>. Accessed June 17, 2011.
  • Gardner EM, McLees MP, Steiner JF, Del Rio C, Burman WJ. The spectrum of engagement in HIV care and its relevance to test-and-treat strategies for prevention of HIV infection. Clin Infect Dis 2011; 52:793-800.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ