一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)成人におけるインフルエンザワクチンの接種場所-アメ・・・

MMWR抄訳

rss

2011/06/17Vol. 60 / No. 23

MMWR60(23):781-785
Place of Influenza Vaccination Among Adults - United States, 2010-11 Influenza Season

成人におけるインフルエンザワクチンの接種場所-アメリカ、2010-11インフルエンザシーズン

2010-11インフルエンザシーズンは2009年インフルエンザA(H1N1)パンデミック後の初めてのシーズンであり、Advisory Committee on Immunization Practices(ACIP)が生後6ヶ月以上の全ての米国住民にインフルエンザワクチンの接種を推奨した初めてのシーズンでもある。パンデミック中に保健局と医療/非医療機関との間で多くの新たな協力体制が作られ、ワクチン接種プロバイダーが増加した。ワクチン接種プロバイダーが2011-12年インフルエンザシーズンの計画を立てるのに役立つインフルエンザワクチンの接種場所に関するデータを提供するため、CDCは2011年1月~3月にBehavioral Risk Factor surveillance System(BRFSS)により収集された46州とワシントンDCの成人(18歳以上)における2010-11シーズンのインフルエンザワクチン接種に関する情報を分析した。全体として、ワクチンの接種場所は開業医が39.8%と最も多く、次が店舗(スーパーマーケットやドラッグストア)の18.4%、職場の17.4%であった。店舗での接種率は、1998-99および2006-07インフルエンザシーズン(それぞれ5%、7%)に比べて増加した。18~49歳群と50~64歳群の接種場所は開業医の次が職場、次が店舗という順であり(18~49歳群:それぞれ32.2%、25.7%、14.5%、50~64歳群:38.8%、21.1%、18.0%)、65歳以上群では開業医が51.5%と高く、次が店舗の24.3%であった(職場1.9%)。全体として医療機関(開業医、病院、保健所など)での接種率は非医療機関(店舗、職場、学校など)での接種率よりも高かった(58.6%、41.4%)。非医療機関での接種率は非ラテンアメリカ系白人が非ラテンアメリカ系黒人、ラテンアメリカ系よりも高く (43.6%、28.7%、34.3%)、その接種率は教育レベルとともに増加した(高校教育未満:27.5%、高校卒業:35.9%、大学入学:46.7%)。また最後の定期検診から1年以上受診していない群は、1年以内に受診した群に比べて非医療機関での接種率が高かった(53.5%、38.8%)。成人におけるインフルエンザワクチンの接種場所の理解は、インフルエンザ予防接種プログラムの作成、予防接種プログラムの新パートナーの同定、Healthy People 2010における成人のインフルエンザワクチン接種率の目標(施設に入所していない18~64歳の成人:80%、65歳以上:90%)に到達するための戦略の開発に有用と考える。

References

  • CDC. Prevention and control of influenza with vaccines: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2010;59(No. RR-8).
  • Stroud C, Altevogt BM, Butler JC, Duchin JS. The Institute of Medicine’s Forum on Medical and Public Health Preparedness for Catastrophic Events: regional workshop series on the 2009 H1N1 influenza vaccination campaign. Disaster Med Public Health Prep 2011;5:81-6.
  • CDC. Behavioral Risk Factor Surveillance System operational and user’s guide. 2006. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2006. Available at <ftp://ftp.cdc.gov/pub/data/brfss/userguide.pdf>. Accessed May 06, 2011.
  • Santibanez TA, Mootrey GT, Euler GL, Janssen AP. Behavior and beliefs about influenza vaccine among adults aged 50-64 years. Am J Health Behav 2010;34:77-89.
  • Singleton JA, Poel AJ, Lu P, Nichols KL, Iwane MK. Where adults reported receiving influenza vaccination in the United States. Am J Infect Control 2005;33:563-70.
  • American Pharmacists Association. States where pharmacists can immunize. Washington, DC: American Pharmacists Association; 2009. Available at <http://www.pharmacist.com/am/template.cfm?section= pharmacist_immunization_center1&template=/cm/contentdisplay.cfm&contentid= 21623>. Accessed June 15, 2011.
  • CDC. Interim results: state-specific influenza vaccination coverage-United States, August 2010-February 2011. MMWR 2011;60:737-43.
  • Jain N, Euler GL, Shefer A, Lu PJ, Yankey D, Markowitz L. Human papillomavirus (HPV) awareness and vaccination initiation among women in the United States, National Immunization Survey-Adult 2007. Prev Med 2009;48:426-31.
  • Zimmerman RK, Raymund M, Janosky JE, Nowalk MP, Fine MJ. Sensitivity and specificity of patient self-report of influenza and pneumococcal polysaccharide vaccinations among elderly outpatients in diverse patient strata. Vaccine 2003;21:1486-91.
  • US Department of Health and Human Services. Immunization and infectious diseases. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2011. <Available at http://www.healthypeople.gov/ 2020/topicsobjectives2020/objectiveslist.aspx?topicId=23>. Accessed June 13, 2011.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ