一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)高校生における飲料摂取-アメリカ、2010年

MMWR抄訳

rss

2011/06/17Vol. 60 / No. 23

MMWR60(23):778-780
Beverage Consumption Among High School Students - United States, 2010

高校生における飲料摂取-アメリカ、2010年

牛乳と100%果汁は、水分とカルシウム・ビタミンCなどの重要な栄養素の供給源である。その他の飲料(糖甘味飲料など)も水分の供給源であるが、栄養価は低い。アメリカの青少年において糖甘味飲料は食事性糖分の最大の供給源であり、これら飲料による摂取カロリーの増加は肥満の有病率に関与する。アメリカの青少年における飲料摂取状況と性別および人種/民族による摂取状況の違いについて検討するため、CDCは全米の高校生(9~12年生)を対象とした身体活動と食行動に関する学校ベース調査である2010年National Youth Physical Activity and Nutrition Study(NYPANS)のデータを分析した。高校生における各飲料の摂取率(調査前7日間に1日1回以上摂取)は、水が72.4%、牛乳が42.0%、100%果汁が30.2%と高く、炭酸飲料は24.3%、スポーツドリンクは16.1%、その他の糖甘味飲料は16.9%であった。全ての糖甘味飲料について、男性は女性よりも、また黒人は白人・ラテンアメリカ系よりも摂取率が高かった。青少年は飲料を選ぶ場合、水・低脂肪/無脂肪牛乳・100%果汁(一定量)が最も健康的な飲料であり、炭酸飲料やスポーツドリンク、その他の糖甘味飲料の定期的な摂取は肥満や糖尿病の原因となる可能性があることを意識する必要がある。また家族や学校などは高校生、特に男子生徒・黒人生徒の糖甘味飲料の摂取を制限し、より健康的で低カロリーの飲料を摂取させるよう努力するべきである。

References

  • US Department of Agriculture. USDA national nutrient database for standard reference, release 23. Beltsville, MD: US Department of Agriculture, Agricultural Research Service, Nutrient Data Laboratory; 2010. Available at <http://www.ars.usda.gov/Services/docs.htm?docid= 8964>. Accessed June 9, 2011.
  • Reedy J, Krebs-Smith SM. Dietary sources of energy, solid fats, and added sugars among children and adolescents in the United States. J Am Diet Assoc 2010;110:1477-84.
  • Ludwig DS, Peterson KE, Gortmaker SL. Relation between consumption of sugar-sweetened drinks and childhood obesity: a prospective, observational analysis. Lancet 2001;357:505-8.
  • Vartanian LR, Schwartz MB, Brownwell KD. Effects of soft drink consumption on nutrition and health: a systematic review and meta-analysis. Am J Public Health 2007;97:667-5.
  • Malik VS, Popkin BM, Bray GA, Despres JP, Willett WC, Hu FB. Sugar-sweetened beverages and risk of metabolic syndrome and type 2 diabetes: a meta-analysis. Diabetes Care 2010;33:2477-83.
  • Wang YC, Bleich SN, Gortmaker SL. Increasing caloric contribution from sugar-sweetened beverages and 100% fruit juices among US children and adolescents, 1988-2004. Pediatrics 2008;121:e1604-14.
  • Evans AE, Springer AE, Evans MH, Ranjit N, Hoelscher DM. A descriptive study of beverage consumption among an ethnically diverse sample of public school students in Texas. J Am Coll Nutr 2010;29:387-96.
  • Chapman C, Laird J, KewalRamani A. Trends in high school dropout and completion rates in the United States: 1972-2008. Washington, DC: US Department of Education, National Center for Education Statistics, 2010. Publication no. NCES 2011-012.
  • American Academy of Pediatrics Committee on Nutrition and the Council on Sports Medicine. Clinical report-sports drinks and energy drinks for children and adolescents: are they appropriate? Pediatrics 2011;127:1182-9.
  • CDC. Availability of less nutritious snack foods and beverages in secondary schools-selected states, 2002-2008. MMWR 2009;58:1102-4.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ