一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)高校生の身体活動レベル-アメリカ、2010年

MMWR抄訳

rss

2011/06/17Vol. 60 / No. 23

MMWR60(23):773-777
Physical Activity Levels of High School Students - United States, 2010

高校生の身体活動レベル-アメリカ、2010年

Healthy People 2020(HP2020)は、連邦の身体活動ガイドラインを満たすために3つの目標、すなわち有酸素身体活動(1日60分以上、週7日)、筋力強化活動(週3日以上)、有酸素身体活動+筋力強化活動を挙げている。アメリカの青少年におけるこのHP2020目標への到達率を検討するため、CDCは全米の高校生(9~12年生)を対象とした身長・体重・身体活動・食行動に関する学校ベース調査である2010年National Youth Physical Activity and Nutrition Study(NYPANS)のデータを分析した。分析対象とした高校生9,701名において、有酸素身体活動の目標到達率は15.3%、筋力強化活動の目標到達率は51.0%、有酸素身体活動+筋力強化活動の目標到達率は12.2%であった。サブグループ別の有酸素身体活動の目標到達率は、男子が女子より高く(それぞれ21.9%、8.4%)、9年生が10・11・12年生よりも高く(18.5%、15.3%、13.3%、13.1%)、白人がラテンアメリカ系よりも高く(16.9%、11.8%)、低/正常体重群と過体重群が肥満群よりも高かった(16.3%、16.5%、10.7%)。筋肉強化活動の目標到達率も男子が女子より高く(65.0%、36.6%)、9・10年生が12年生よりも高く(55.6%、52.2%、46.4%)、低/正常体重群と過体重群が肥満群よりも高かった(52.6%、51.7%、45.2%)。さらに有酸素身体活動+筋肉強化活動の目標到達率も男子が女子より高く(18.5%、5.8%)、9年生が10・11・12年生よりも高く(15.0%、12.3%、10.7%、10.3%)、白人が黒人・ラテンアメリカ系よりも高く(14.1%、9.7%、9.9%)、低/正常体重群と過体重群が肥満群よりも高かった(13.3%、13.6%、7.3%)。CDC、州や地域の保健局、学校などは協力してアメリカの高校生、特に女子生徒、より高学年の生徒、肥満の生徒における身体活動実施率を高めるための対策を講じる必要がある。

References

  • US Department of Health and Human Services. Objectives PA-3.1, 3.2, and 3.3. In: Healthy people 2020. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2010. Available at <http://healthypeople.gov/2020/topicsobjectives2020/objectiveslist.aspx?topicid=33>. Accessed June 7, 2011.
  • US Department of Health and Human Services. 2008 physical activity guidelines for Americans. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services; 2008. Available at <http://www.health.gov/paguidelines>. Accessed June 7, 2011.
  • CDC. Youth risk behavior surveillance-United States, 2009. MMWR 2010;59(No. SS-05).
  • Belcher BR, Berrigan D, Dodd KW, Emken BA, Chou CP, Spruijt-Metz D. Physical activity in US youth: effect of race/ethnicity, age, gender, and weight status. Med Sci Sports Exerc 2010;42:2211-21.
  • CDC. Youth risk behavior surveillance-United States, 2003. MMWR 2004;53(No. SS-02).
  • Weston AT, Petosa R, Pate RR. Validation of an instrument for measurement of physical activity in youth. Med Sci Sports Exerc 1997;29: 138-43.
  • Ekelund U, Neovius M, Linné Y, Rössner S. The criterion validity of a last 7-day physical activity qusetionnaire (SAPAQ) for use in adolescents with a wide variation in body fat: the Stockholm weight development study. Int J Obes (Lond) 2006;30:1019-21.
  • Chapman C, Laird J, KewalRamani A. Trends in high school dropout and completion rates in the United States: 1972-2008. Washington, DC: US Department of Education; 2010. Available at <http://nces.ed.gov/pubs2011/2011012.pdf>. Accessed June 7, 2011.
  • Rees R, Kavanagh J, Harden A, et al. Young people and physical activity: a systematic review matching their views to effective interventions. Health Educ Res 2006;21:806-2

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ