一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)15歳以上のバスルームでの非致死性外傷-アメリカ、・・・

MMWR抄訳

rss

2011/06/10Vol. 60 / No. 22

MMWR60(22):729-733
Nonfatal Bathroom Injuries Among Persons Aged = 15 Years - United States, 2008

15歳以上のバスルームでの非致死性外傷-アメリカ、2008年

2008年、15歳以上の約2,180万人が偶発事故により非致死性の怪我を負い、その医療費は約673億ドルであった。事故が起こった場所に関する情報は限られているが、バスルームは危険な場所であるとされており、今回、CDCはNational Electronic Surveillance System All Injury Program (NEISS-AIP)データよりバスルームでの偶発事故による負傷について分析を行った。2008年、バスルームで負傷し、救急外来(ED)を受診した15歳以上の症例は国内62施設のNEISS-AIPデータでは3,339例であり、全国では234,094名、負傷率(10万人あたり)96.4と推定された。負傷率の男女別では女性:121.2、男性:70.4と女性にて約72%高値であり、年齢別では15~24歳:58.8から85歳以上:515.3と年齢に伴い高値を示し、うちほとんど(81.1%)は転倒による負傷であった。診断は打撲/擦り傷が最も多く(29.3%)、次いで捻挫(19.6%)、骨折(17.4%)と続き、負傷した部位は頭/首:31.2%、下肢:20.1%、上肢:18.3%、足:17.4%、腕:12.7%の順であった。受診例のうち、84.9%の症例は処置後帰宅し、13.7%が入院となった。また、負傷をした場所はバスタブ/シャワーが68.3%と最も多く、トイレ:23.4%と続き、負傷時の行動は入浴/シャワー:27.5%、滑る:17.3%、立ち上がる/座る/トイレ:14.1%であった。以上、バスルームでの偶発事故による怪我は高齢者にて多く、バスルームでの行動は危険を伴うことに注意し、また、怪我をしにくい環境を整えることも重要であると思われる。

References

  • CDC. Web-based Injury Statistics Query and Reporting System (WISQARS). Available at <http://www.cdc.gov/injury/wisqars/index.html>. Accessed April 6, 2011.
  • Finkelstein EA, Corso PS, Miller TR. Incidence and economic burden of injuries in the United States. New York, NY: Oxford University Press; 2006.
  • Span P. The most dangerous room in the house? New York Times. May 28, 2009. Available at <http://newoldage.blogs.nytimes.com/2009/05/28/the-most-dangerous-room-in-the-house>. Accessed April 6, 2011.
  • Stevens JA, Sogolow ED. Gender differences for nonfatal unintentional fall-related injuries. Inj Prev 2005;11:115-9.
  • Macintyre S, Hunt K, Sweeting H. Gender differences in health: are things really as simple as they seem? Soc Sci Med 1996;42:617-24.
  • Rubenstein LZ, Josephson KR. The epidemiology of falls and syncope. Clin Geriatr Med 2002;18:141-58.
  • Home Safety Council. State of home safety in America. Available at <http:// www.homesafetycouncil.org/aboutus/research/re_sohs_w001.asp>. Accessed April 6, 2011.
  • Tan MP, Parry S. Vasovagal syncope in the older patient. J Am Coll Cardiol 2008;51:599-606.
  • Gillespie LD, Robertson MC, Gillespie WJ, et al. Interventions for preventing falls in older people living in the community. Cochrane Database Syst Rev 2009;(2):CD007146.
  • Kool B, Ameratunga S, Robinson E, Crengle S, Jackson R. The contribution of alcohol to falls at home among working-aged adults. Alcohol 2008:42:383-8.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ