一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)男性同性愛者におけるHIV検査-アメリカ、21都市・・・

MMWR抄訳

rss

2011/06/03Vol. 60 / No. 21

MMWR60(21):694-699
HIV Testing Among Men Who Have Sex with Men - 21 Cities, United States, 2008

男性同性愛者におけるHIV検査-アメリカ、21都市、2008年

13歳以上の全アメリカ人口に対する男性同性愛者(MSM)の割合は約2%であるが、2009年のアメリカにおけるHIV感染診断者の59%はMSM(注射薬使用者を含む)である。CDCは性的に活発なMSMに対して、HIV感染症の同定と伝播予防のためHIV検査を最低年1回受けるよう推奨している。アメリカの21都市においてNational HIV Behavioral Surveillance System(NHBS)の一部として2008年に実施されたHIV検査では、検査を受けたMSMの19%がHIV陽性であり、このうち44%は自分が感染していることを知らなかった。MSMにおけるHIV検査の実施率とより頻繁なHIV検査の有益性を評価するため、CDCは2008年のNHBSデータを分析した。NHBSスタッフがインタビューを行った過去のHIV検査が陰性のMSM7,271例(白人44%、ラテンアメリカ系25%、黒人23%、18~85歳)のうち、4,453例(61%)は過去12ヶ月間にHIV感染症の検査を受けており、このうち7%はNHBSによる検査で新たにHIV陽性と判定された。HIV感染症と診断されたことがなく、過去1年間に検査を受けたMSMにおける7%という新規HIV感染症の高い罹患率を考えた場合、性的に活発なMSMにおけるより頻繁なHIV検査(3、6ヶ月ごとなど)の有益性が示唆される。

References

  • Purcell DW, Johnson C, Lansky A, et al. Calculating HIV and syphilis rates for risk groups: estimating the national population size of men who have sex with men. Presented at 2010 National STD Prevention Conference; Atlanta, GA. Abstract no. 22896.
  • CDC. HIV surveillance report, 2009. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/topics/surveillance/resources/reports>. Accessed May 26, 2011.
  • CDC. Revised recommendations for HIV testing of adults, adolescents, and pregnant women in health-care settings. MMWR 2006;55(No. RR-14).
  • CDC. Prevalence and awareness of HIV infection among men who have sex with men-21 cities, United States, 2008. MMWR 2010;59:1201-7.
  • Gallagher KM, Sullivan PS, Lansky A, et al. Behavioral surveillance among people at risk for HIV infection in the U.S.: the National HIV Behavioral Surveillance System. Public Health Rep 2007;122 (Suppl 1):32-8.
  • MacKellar DA, Gallagher KM, Finlayson T, et al. Surveillance of HIV risk and prevention behaviors of men who have sex with men-a national application of venue-based, time-space sampling. Public Health Rep 2007;122(Suppl 1):39-47.
  • Allen DR, Finlayson T, Abdul-Quadar A, et al. The role of formative research in the National HIV Behavioral Surveillance System. Public Health Rep 2009;124:26-33.
  • CDC. Sexually transmitted diseases treatment guidelines, 2010. MMWR 2010;59(No. RR-12).
  • Zou G. A modified Poisson regression approach to prospective studies with binary data. Am J Epidemiol 2004;159:702-6.
  • Marks G, Crepaz N, Janssen RS. Estimating sexual transmission of HIV from persons aware and unaware that they are infected with the virus in the USA. AIDS 2006;20:1447-50.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ