一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)HIVサーベイランス-アメリカ、1981~2008・・・

MMWR抄訳

rss

2011/06/03Vol. 60 / No. 21

MMWR60(21):689-693
HIV Surveillance - United States, 1981-2008

HIVサーベイランス-アメリカ、1981~2008年

1981年にHIV感染によるPneumocystis carinii肺炎およびKaposi肉腫患者が初めて報告されてから、30年が経過した。この30年間のアメリカにおけるHIV感染症およびAIDSの動向を調査するため、CDCは1981~2008年のNational HIV Surveillance Systemのデータを分析した。13歳以上の人々におけるAIDSの年間新規診断数は1981年の318例から1992年には75,457例へ、AIDS患者の年間死亡数は1981年の451例から1995年には50,628例へと急増した。しかし1990年代中期の高活性抗レトロウイルス療法の導入後、AIDSの診断数は1993年の75,263例から1998年には41,462例へ、死亡数は1995年の50,628例から1998年には18,851例へと減少した(低下率:それぞれ45%、63%)。1999年以降のAIDS診断数と死亡数は2008年まで安定しており、この間の平均年間診断数は38,279例、死亡数は17,489例であった。このようなAIDS診断数と死亡数の減少にもかかわらず、2008年末の13歳以上の生存HIV感染者数は1,178,350例と推定され、そのうち236,400(20.1%)は感染の未診断者であった。生存HIV感染者の75.0%は男性で、男性の65.7%は男性同性愛者であった。人種/民族別のHIV感染症有病率(10万人あたり)は、黒人/アフリカ系アメリカ人(1,819.0)とヒスパニック/ラテン系(592.9)が白人(238.4)に比べてそれぞれ約8倍、2.5倍高かった。生存HIV感染者におけるHIV未診断率は、13~24歳(58.9%)と25~34歳(31.5%)が34~44歳(18.0%)、45~54歳(13.8%)、55~64歳(11.9%)、65歳以上0(10.7%)に比べて高かった。National HIV/AIDS Strategy の目標を達成するために、HIVの予防・管理・治療プログラムはリスク行動の減少などによる発症率の低下、ルーチンでのHIV検査の機会と治療へのアクセスの増加、生存HIV感染者の健康転帰の改善、HIVに関連した健康格差の減少に向けた努力を続ける必要がある。

References

  • Office of National AIDS Policy. National HIV/AIDS strategy. Washington, DC: Office of National AIDS Policy; 2010. Available at <http://www.whitehouse.gov/administration/eop/onap/nhas>. Accessed May 26, 2011.
  • CDC. Diagnoses of HIV infection and AIDS in the United States and dependent areas, 2009. HIV surveillance report, vol. 21. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/surveillance/resources/reports/2009report/index.htm>. Accessed May 26, 2011.
  • Hall HI, Song R, Rhodes P, et al. Estimation of HIV incidence in the United States. JAMA 2008;300:520-9.
  • Donnell D, Baeten JM, Kiarie J, et al. Heterosexual HIV-1 transmission after initiation of antiretroviral therapy: a prospective cohort analysis. Lancet 2010;375:2092-8.
  • Fiebig EW, Wright DJ, Rawal BD, et al. Dynamics of HIV viremia and antibody seroconversion in plasma donors: implications for diagnosis and staging of primary HIV infection. AIDS 2003;17:1871-9.
  • CDC. Interim guidance: preexposure prophylaxis for the prevention of HIV infection in men who have sex with men. MMWR 2011;60:65-8.
  • Farnham PG, Holtgrave DR, Sansom SL, Hall HI. Medical costs averted by HIV prevention efforts in the United States, 1991-2006. J Acquir Immune Defic Syndr 2010;54:565-7.
  • Handsfield HH. Stones unturned: missed opportunities in STD/HIV. Sex Trans Dis 2011;38:70-3.
  • Marks G, Gardner LI, Craw J, Crepaz N. Entry and retention in medical care among HIV-diagnosed persons: a meta-analysis. AIDS 2010;24:2665-78.
  • Panel on Antiretroviral Guidelines for Adults and Adolescents. Guidelines for the use of antiretroviral agents in HIV-1-infected adults and adolescents. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2011. Available at <http://www.aidsinfo.nih.gov/contentfiles/adultandadolescentgl.pdf>. Accessed May 26, 2011.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ