一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)麻疹-アメリカ、2011年1月~5月20日

MMWR抄訳

rss

2011/05/27Vol. 60 / No. 20

MMWR60(20):666-668
Measles - United States, January-May 20, 2011

麻疹-アメリカ、2011年1月~5月20日

アメリカでは1990年代後半以降、麻疹の継続的な伝播は認められていないが、2001~2008年には年間56(37~140)例の麻疹症例がCDCに報告されており、2011年は第19週までに118例が23州およびニューヨーク市より報告されている。これは1996年以降最も多い症例数である。症例は3ヶ月齢~68歳であり、年齢分布は12ヶ月齢未満:18例(15%)、1~4歳:24例(20%)、5~19歳:23例(19%)、20歳以上:53例(45%)であった。研究室レベルでの確診例は105例(89%)であり、麻疹ウイルスRNAは52例(44%)にて検出されている。118例のうち105例は輸入関連例であり、46例(44%)は少なくとも15ヶ国からの輸入例であり、ヨーロッパ地域:20例(うちフランス:11)、東南アジア地域:20例(うちインド:14)が多く認められた。入院例は47例(40%)、9例が肺炎を来したが、脳炎の発症はなく、死亡例も認めなかった。ワクチン未接種例は105例(89%)であり、1~19歳のアメリカ人患者45例中38例(87%)、20歳以上のアメリカ人患者42例中35例(83%)はワクチン未接種であった。また、海外旅行者33例のうち30例が未接種であったことから、麻疹の予防におけるワクチン接種の重要性が示唆された。

References

  • Katz SL, Hinman AR. Summary and conclusions: measles elimination meeting, 16-17 March 2000. J Infect Dis 2004;189(Suppl 1):S43-7.
  • Parker Fiebelkorn A, Redd SB, Gallagher K, et al. Measles in the United States during the postelimination era. J Infect Dis 2010;202:1520-8.
  • CDC. Manual for the surveillance of vaccine-preventable diseases. 4th ed. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2009. Available at <http://www.cdc.gov/vaccines/pubs/surv-manual/default.htm>. Accessed May 20, 2011.
  • CDC. Measles outbreak-Hennepin County, Minnesota, February-March 2011. MMWR 2011;60:421.
  • World Health Organization. Global elimination of measles-report by the Secretariate, 16 April 2009. Available at <http://apps.who.int/gb/ebwha/pdf_files/EB125/B125_4-en.pdf>. Accessed May 20, 2011.
  • Institut de Veille Sanitaire. Epidémie de rougeole en France; Actualisation des données au 20 mai 2011. Available at <http://www.invs.sante.fr/surveillance/rougeole/Point_rougeole_200511.pdf>. Accessed May 23, 2011.
  • Gindler J, Tinker S, Markowitz L, et al. Acute measles mortality in the United States, 1987-2002. J Infect Dis 2004;189(Suppl 1):S69-77.
  • Bellini WJ, Rota JS, Lowe LE, et al. Subacute sclerosing panencephalitis: more cases of this fatal disease are prevented by measles immunization than was previously recognized. J Infect Dis 2005;192:1686-93.
  • Editorial team. Measles once again endemic in the United Kingdom. Eurosurveillance 2008;13. Available at <http://www.eurosurveillance.org/viewarticle.aspx?articleId=18919>. Accessed May 20, 2011.
  • Watson JC, Hadler SC, Dykewicz CA, Reef S, Phillips L. Measles, mumps, and rubella-vaccine use and strategies for elimination of measles, rubella, and congenital rubella syndrome and control of mumps: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 1998;47(No. RR-8).

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ