一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)不活化ベロ細胞培養由来日本脳炎ワクチンの追加免疫の・・・

MMWR抄訳

rss

2011/05/27Vol. 60 / No. 20

MMWR60(20):661-663
Recommendations for Use of a Booster Dose of Inactivated Vero Cell Culture-Derived Japanese Encephalitis Vaccine - Advisory Committee on Immunization Practices, 2011

不活化ベロ細胞培養由来日本脳炎ワクチンの追加免疫の使用勧告-Advisory Committee on Immunization Practices、2011年6月1日

日本脳炎(JE)ウイルスは蚊媒介フラビウイルスであり、感染した場合は致死率20~30%の脳炎を引き起こし、生存例の30~50%に神経学的または精神学的後遺症を来す。CDCのAdvisory Committee on Immunization Practices(ACIP)はJEの感染時期にJEを風土病とする地域に1ヶ月以上滞在する旅行者およびJEに曝露する可能性のある研究者に対してワクチンの接種を推奨している。JEワクチンは1992年に承認された不活化マウス脳由来ワクチン(JE-MB)と2009年に17歳以上を対象に承認されたベロ細胞培養由来JEワクチン(JE-VC)がある。JE-VCは2回接種(day0、day28)ワクチンであるが、ACIPは2011年2月の会議でワーキンググループから発議されたJE-VCの追加接種に関する勧告を承認した。JEワクチン2回接種の臨床試験では、プラーク減少中和試験(PRNT)によりJEウイルス中和抗体レベルを測定した結果、50%PRNT(PRNT50)=10を満たす症例(保護力価例)は中央ヨーロッパ(オーストリア、ドイツ、ルーマニア)では6ヶ月後:95%、12ヶ月後:83%、24ヶ月後:82%、36ヶ月後:85%、北ヨーロッパ(ドイツ、北アイルランド)では6ヶ月後:83%、12ヶ月後:58%、24ヶ月後:48%、オーストリアとドイツでは15ヶ月後:69%と報告されている。追加接種に関する臨床試験では、オーストリアとドイツにて18歳以上の成人198例を対象にJE-VC 2回接種から15ヶ月後に追加接種した場合、保護力価例は追加接種前(day0):69%からday28:100%、6ヶ月後:98%、12ヶ月後:98%となった。幾何平均力価(GMT)はday28にて約40倍(23から900)増加し、6ヶ月後:487、12ヶ月後:361であった。追加接種による副作用は局所反応を31%(圧痛:19%、疼痛:13%など)、全身反応を23%(頭痛:11%、疲労感:10%など)認めた。ACIPはJE-VCの初回シリーズから1年以上経過し、JEウイルスに曝露する可能性のある場合は追加接種を受けるよう推奨している。

References

  • CDC. Japanese encephalitis vaccines: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2010;59 (No. RR-1).
  • Shlim DR, Solomon T. Japanese encephalitis vaccine for travelers: exploring the limits of risk. Clin Infect Dis 2002;35:183-8.
  • Hombach J, Solomon T, Kurane I, Jacobson J, Wood D. Report on a WHO consultation on immunological endpoints for evaluation of new Japanese encephalitis vaccines. Vaccine 2005;23:5205-11.
  • Schuller E, Jilma B, Voicu V, et al. Long-term immunogenicity of the new Vero cell-derived, inactivated Japanese encephalitis virus vaccine IC51: six and 12 month results of a multicenter follow-up phase 3 study. Vaccine 2008;26:4382-6.
  • European Medicines Agency. Annex 1: summary of product characteristics. Available at <http://www.ema.europa.eu/docs/en_GB/document_library/EPAR_-_Product_Information/human/000963/WC500037287.pdf>. Accessed May 22, 2011.
  • Dubischar-Kastner K. Data supporting the use of a booster dose of Ixiaro. Presentation to Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), February 23, 2011, Atlanta, GA. Available at <http://www.cdc.gov/vaccines/recs/acip/downloads/mtg-slides-feb11/03-2-jev-booster.pdf>. Accessed May 22,  2011.
  • Dubischar-Kastner K, Eder S, Buerger V, et al. Long-term immunity and immune response to a booster dose following vaccination with the inactivated Japanese encephalitis vaccine Ixiaro, IC51. Vaccine 2010;28:5197-202.
  • Schuller E, Klade CS, Heinz FX, et al. Effect of pre-existing anti-tick-borne encephalitis virus immunity on neutralising antibody response to the Vero cell-derived, inactivated Japanese encephalitis virus vaccine candidate IC51. Vaccine 2008;26:6151-6.
  • Eder S, Dubischar-Kastner K, Firbas C, et al. Long term immunity following a booster dose of the inactivated Japanese encephalitis vaccine Ixiaro, IC51. Vaccine 2011;29:2607-12.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ