一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)推奨される身体活動ガイドラインに対する職業的身体活・・・

MMWR抄訳

rss

2011/05/27Vol. 60 / No. 20

MMWR60(20):656-660
Contribution of Occupational Physical Activity Toward Meeting Recommended Physical Activity Guidelines - United States, 2007

推奨される身体活動ガイドラインに対する職業的身体活動の寄与-アメリカ、2007年

Washington State Department of Health (WADOH)が推奨する身体活動ガイドラインに対する職業的身体活動の影響を2007 Behavioral Risk Factor Surveillance System (BRFSS)データを用いて分析した。非職業的身体活動はレジャー、家事および通勤や通学時の移動などによる運動であり、このガイドラインでは軽い非職業的身体活動(活発な歩行やガーデニング)150分以上、激しい非職業的身体活動(ランニングや重度の庭仕事)75分以上、またはこれらを合わせて150分以上を推奨している。これを満たさない場合でも、職業的身体活動(歩行または重労働を主とする職業)を行っている場合はガイドラインを満たすものとした。分析対象は50州およびワシントンDCより男性144,930名、女性241,467名の計386,397名分のデータであり、非職業的身体活動で男性:68.5%、女性:60.4%がガイドラインを満たしていた。また、男性では歩行、重労働を主とする職業を行っている人がそれぞれ14.8%、14.3%、女性ではそれぞれ12.7%、3.4%であった。これらを加味した場合、ガイドラインを満たす人の割合は男性:76.3%、女性:65.7%となり、男性にて7.8%、女性にて5.3%、全体で6.5%の増加となった。この増分はラテン系男性(14.4%)および学歴がハイスクール卒業以下の男性(15.9%)にて多く、男女ともに世帯収入および学歴が低い層で多い傾向が認められた。以上、身体活動レベルには職業的身体活動が寄与するが、人種や学歴などの人口統計学的背景の影響が大きいことが示された。

References

  • US Department of Health and Human Services. 2008 physical activity guidelines for Americans. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services; 2008. Available at <http://www.health.gov/paguidelines/guidelines/default.aspx>. Accessed July 6, 2010.
  • CDC. Prevalence of leisure-time and occupational physical activity among employed adults in the United States, 1990. MMWR 2000;49:420-4.
  • Ham SA, Yore MM, Kruger J, Heath GW, Moeti R. Physical activity patterns among Latinos in the United States: putting the pieces together. Prev Chronic Dis 2007;4:1-13.
  • Yore MM, Bowles Hr, Ainsworth BE, et al. Single versus multiple item questions on occupational physical activity. J Phys Act Health 2006;1:102-11.
  • Reis JP, Dubose KD, Ainsworth BE, et al. Reliability and validity of the occupational physical activity questionnaire. Med Sci Sports Exerc 2005;37:2075-83.
  • Evenson KR, McGinn AP. Test-retest reliability of adult surveillance measures for physical activity and inactivity. Am J Prev Med 2005;28:470-8.
  • Pate RR, Pratt M, Blair SN, et al. Physical activity and public health: a recommendation from the Centers for Disease Control and Prevention and the American College of Sports Medicine. JAMA 1995;273:402-7.
  • US Department of Health and Human Services. Healthy people 2010 (conference ed, in 2 vols). Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2000. Available at <http://www.health.gov/healthypeople>.
  • Marquez DX, Neighbors CJ, Bustamante EE. Leisure time and occupational physical activity among racial or ethnic minorities. Med Sci Sports Exerc 2010;42:1086-93.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ