一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)肥満の成人における身体活動の障壁となる可能性のある・・・

MMWR抄訳

rss

2011/05/20Vol. 60 / No. 19

MMWR60(19):614-618
Arthritis as a Potential Barrier to Physical Activity Among Adults with Obesity - United States, 2007 and 2009

肥満の成人における身体活動の障壁となる可能性のある関節炎-アメリカ、2007年と2009年

肥満の成人は身体活動が体重の減少と維持に有益であることを知っているが、推奨身体活動の順守率は肥満のない成人に比べて低い。また肥満成人は関節炎の共存率が高く、関節炎に関連した関節痛や機能制限は肥満の成人における身体活動の実施率に影響を及ぼす可能性がある。肥満成人における医師により診断された関節炎の有病率および身体活動との関係を評価するため、CDCはBehavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)の2007年と2009年の成人(18歳以上)のデータを分析した(肥満・関節炎・身体活動は自己申告)。全体として、肥満成人における関節炎の有病率は35.6%であった。また年齢・性別・人種/民族・教育レベルの調整後、肥満成人のうち関節炎のある群はない群に比べて身体不活動率(仕事以外での中等度から強度の身体活動の未実施率)が44%高かった。州別に評価した場合、肥満成人における関節炎の有病率は28.7%(カリフォルニア州・ハワイ州)~44.1%(ウェストバージニア州)であった。また50州およびワシントンDCの肥満成人における身体不活動率は関節炎群(14.3%[ウィスコンシン州]~38.8%[テネシー州]、中央値21.2%)が関節炎のない群(7.5%[ユタ州]~29.9%[テネシー州]、中央値12.4%)に比べて高く、さらにどの州/地域(グアム以外)でも身体不活動率は関節炎群が関節炎のない群に比べて5%以上高かった。以上、関節炎は肥満成人の多くで身体活動の障壁となっていることが示唆された。関節炎を有する成人に適した地域・コミュニティベースでの安全で有効な介入(エビデンスに基づいた身体活動、自己管理教育プログラムなど)は、関節炎のある肥満成人における身体活動の促進に役立つ可能性がある。

References

  • Cooper AR, Page A, Fox KR, Misson J. Physical activity patterns in normal, overweight and obese individuals using minute-by-minute accelerometry. Eur J Clin Nutr 2000;54:887-94.
  • Rippe JM, Hess S. The role of physical activity in the prevention and management of obesity. J Am Diet Assoc 1998;98(10 Suppl 2):S31-8.
  • CDC. Prevalence of doctor-diagnosed arthritis and arthritis-attributable activity limitation-United States, 2007-2009. MMWR 2010;59: 1261-5.
  • CDC. Vital signs: state-specific obesity prevalence among adults-United States, 2009. MMWR 2010;59:951-5.
  • CDC. Arthritis as a potential barrier to physical activity among adults with heart disease-United States, 2005 and 2007. MMWR 2009;58: 165-9.
  • CDC. Arthritis as a potential barrier to physical activity among adults with diabetes-United States, 2005 and 2007. MMWR 2008;57: 486-9.
  • Wilcox S, DerAnanian C, Abbott J, et al. Perceived exercise barriers, enablers, and benefits among exercising and nonexercising adults with arthritis: results from a qualitative study. Arthritis Rheum 2006;55: 616-27.
  • Messier SP, Loeser RF, Miller GD, et al. Exercise and dietary weight loss in overweight and obese older adults with knee osteoarthritis: the Arthritis, Diet, and Activity Promotion Trial. Arthritis Rheum 2004;50: 1501-10.
  • Merrill RM, Richardson JS. Validity of self-reported height, weight, and body mass index: findings from the National Health and Nutrition Examination Survey, 2001-2006. Prev Chronic Dis 2009;6:A121.
  • Brady TJ, Kruger J, Helmick CG, Callahan LF, Boutaugh ML. Intervention programs for arthritis and other rheumatic diseases. Health Educ Behav 2003;30:44-63.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ