一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)中等度から重度の視力障害を有する40歳以上の成人に・・・

MMWR抄訳

rss

2011/05/20Vol. 60 / No. 19

MMWR60(19):610-613
Reasons for Not Seeking Eye Care Among Adults Aged =40 Years with Moderate-to-Severe Visual Impairment - 21 States, 2006-2009 

中等度から重度の視力障害を有する40歳以上の成人における眼科医を受診しない理由-21州、2006~2009年

アメリカでは2000年に40歳以上の住民の約340万人が盲目あるいは視力障害を有していた。視覚問題は個人・介護者・医療保険支払い者・アメリカの経済にとってかなりの負担となっている(年間総費用:約514億ドル)。包括的な眼の定期検査は視覚的健康を維持するためのタイムリーな眼疾患治療に不可欠であるが、視力障害患者の眼科未受診率はかなり高いことが以前の研究で明らかになっている。中等度から重度の視力障害を有する40歳以上の成人が過去1年間に眼科医を受診しなかった理由を検討するため、CDCは21州のBehavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)調査の2006~2009年のデータを分析した。受診しなかった理由は、全体の39.8%が「医療費/医療保険未加入」、34.6%が「受診の必要はないという認識」、4.5%が「眼科医がいない/知らない・遠い/交通手段がない・予約できない」であり、21.1%はその他の理由であった。主な理由は年齢、性別、眼疾患の存在、州によって差があり、40~64歳群は65歳以上群に比べて「医療費/医療保険未加入」の選択率が有意に高く(それぞれ42.8%、23.3%)、逆に65歳以上群は「受診の必要なし」の選択率が40~64歳群よりも有意に高かった(43.8%、32.9%)。また女性は男性よりも「医療費/医療保険未加入」の選択率が高く(45.1%、33.4%)、「受診の必要なし」の選択率が有意に低かった(28.7%、41.7%)。加齢性眼疾患のない患者は加齢性眼疾患を有する患者に比べて「受診の必要なし」の選択率が有意に高かった(36.9%、28.2%)。州別に評価した場合、「医療費/医療保険未加入」の選択率は40~64歳群で21.6%(マサチューセッツ州)~60.4%(テネシー州)、65歳以上群では8.9%(マサチューセッツ州)~48.0%(テネシー州)、「受診の必要なし」の選択率は40~64歳群で25.4%(フロリダ州)~41.9%(アリゾナ州)、65歳以上群で29.7%(ウェストバージニア州)~61.0%(マサチューセッツ州)であった。眼科医を受診しない理由の同定は、中等度から重度の視力障害を有する成人の視覚健康を改善するための介入目標の開発に有用と考える。

References

  • The Eye Diseases Prevalence Research Group. Causes and prevalence of visual impairment among adults in the United States. Arch Ophthalmol 2004;122:477-85.
  • Prevent Blindness America. The economic impact of vision problems. Available at <http://www.preventblindness.org/research/impact_of_Vision_Problems.pdf>. Accessed May 16, 2011.
  • Lee DJ, Lam BL, Arora S, et al. Reported eye care utilization and health insurance status among US adults. Arch Ophthalmol 2009;127:303-10.
  • Buch H, Vinding T, la Cour M, Appleyard M, Jensen GB, Nielsen NV. Prevalence and causes of visual impairment and blindness among 9980 Scandinavian adults: the Copenhagen City Eye Study. Ophthalmology 2004;111:53-61.
  • US Preventive Services Task Force. Screening for impaired visual acuity in older adults: U.S. Preventive Services Task Force recommendation statement. Ann Intern Med 2009;151:37-43.
  • Alexander RL Jr., Miller NA, Cotch MF, Janiszewski R. Factors that influence the receipt of eye care. Am J Health Behav 2008;32:547-56. 7. Strahlman E, Ford D, Whelton P, Sommer A. Vision screening in a primary care setting. A missed opportunity? Arch Intern Med 1990; 150:2159-64.
  • Strahlman E, Ford D, Whelton P, Sommer A. Vision screening in a primary care setting. A missed opportunity? Arch Intern Med 1990; 150:2159-64.
  • Nelson DE, Thompson BL, Bland SD, Rubinson R. Trends in perceived cost as a barrier to medical care, 1991-1996. Am J Public Health 1999; 89:1410-3.
  • Zhang X, Saaddine JB, Lee PP, et al. Eye care in the United States: do we deliver to high-risk people who can benefit the most from it? Arch Ophthalmol 2007;125:411-8.
  • Long SK, Masi PB. Access and affordability: an update on health reform in Massachusetts, fall 2008. Health Aff (Millwood) 2009;28w578-87.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ