一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)急性外耳炎の推定負担-アメリカ、2003~2007・・・

MMWR抄訳

rss

2011/05/20Vol. 60 / No. 19

MMWR60(19):605-609
Estimated Burden of Acute Otitis Externa - United States, 2003-2007

急性外耳炎の推定負担-アメリカ、2003~2007年

急性外耳炎(AOE)は主に細菌感染が原因の外耳道の炎症であり、外耳道の疼痛・圧痛・発赤・腫脹を特徴とする。特に高温多湿環境で泳いだ場合に発症する可能性が高く、水中にいる時間や潜水頻度の増加により発症リスクは上昇する。アメリカにおけるAOEの負担や疫学の報告は不十分であることから、全国の外来診療および救急診療部(ED)データベースのデータ(外来診療:2003~2007年、ED:2007年のみ)を分析しAOEの発症率・人口統計学的特徴や関連する医療費などについて検討した。2007年には医療機関受診者2,444,775例(外来受診者2,067,335例、ED受診者377,440例)がAOEと診断され、AOEによる受診率(人口1,000人あたり)は8.1であった。外来受診者のデータによると、2003~2007年のAOEによる年間受診率は5.8(2006年)~9.3(2003年)であり、各年間で有意差はみられなかった。年齢別受診率は5~9歳群と10~14歳群が最高であったが(それぞれ18.6、15.8)、受診者の53%は20歳以上の成人であった(受診率:5.3)。受診率に性差はみられなかった。季節別受診率は夏がピークで(44%は6~8月に発症)、地域別受診率は南部が最高、西部が最低であった(それぞれ9.1、4.3)。ED受診者でも、AOEによる受診率に同様の人口統計学的特徴を認めた。ED受診者の入院率は2.7%であった。AOEによる外来受診(入院なし)に関連した直接医療費は年間約48,900万ドルであり、医師は外来でのAOE診療に年間約60万時間を費やしていた(1回の診療時間:平均17分)。以上、AOEは一般に軽度の疾患であるが、その診断頻度は高く医療費負担もかなり大きいことが明らかになった。AOEの発症率を低下させるため、効果的なAOE予防メッセージを開発し医師や一般市民に広める必要がある。

References

  • Agius AM, Pickles JM, Burch KL. A prospective study of otitis externa. Clin Otolaryngol 1992;17:150-4.
  • Calderon R, Mood EW. An epidemiological assessment of water quality and “swimmer’s ear.” Arch Environ Health 1982;37:300-5.
  • Kaushik V, Malik T, Saeed SR. Interventions for acute otitis externa. Cochrane Database of Systemic Reviews 2010;1. Available at <http://onlinelibrary.wiley.com/o/cochrane/clsysrev/articles/CD004740/frame.html>. Accessed May 12, 2011.
  • Rosenfeld RM, Brown L, Cannon CR, et al. Clinical practice guideline: acute otitis externa. Otolaryngol Head Neck 2006;134:S4-23.
  • Springer GL. Fresh water swimming as a risk factor for otitis externa: a case-control study. Arch Environ Health 1985;40:202-6.
  • McCoy SI, Zell ER, Besser RE. Antimicrobial prescribing for otitis externa in children. Pediatr Infect Dis J 2004;23:181-3.
  • Halpern MT, Palmer CS, Seidlin M. Treatment patterns for otitis externa. J Am Board Fam Pract 1999;12:1-7.
  • Rosenfeld RM, Singer M, Wasserman JM, Stinnett. Systematic review of topical antimicrobial therapy for acute otitis externa. Otolaryngol Head Neck Surg 2006;134:S24-48.
  • Nussinovitch M, Rimon A, Volovitz B, Raveh E, Prais D, Amir J. Cotton-tip applicators as a leading cause of otitis externa. Int J Pediatr Otorhinolaryngol 2004;68:433-5.
  • CDC. Surveillance for waterborne disease and outbreaks associated with recreational water use and other aquatic facility-associated health events-United States, 2005-2006. MMWR 2008;57(No. SS-9).

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ