一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)野生型ポリオウイルス伝播遮断の進歩-世界的状況、2・・・

MMWR抄訳

rss

2011/05/13Vol. 60 / No. 18

MMWR60(18):582-586
Progress Toward Interruption of Wild Poliovirus Transmission - Worldwide, January 2010-March 2011

野生型ポリオウイルス伝播遮断の進歩-世界的状況、2010年1月~2011年3月

2010年~2011年第1四半期におけるポリオ根絶への進捗状況を報告する。2009年における12ヶ月齢までの3価ポリオウイルスワクチン接種の3回接種率(Pol3)は83%(アフリカ地域:72%、アメリカ地域:91%、東地中海地域:86%、ヨーロッパ地域:96%、東南アジア地域:74%、西太平洋地域:97%)であった。2010年におけるOPV(経口生ポリオワクチン)によるSIAs(追加予防接種活動)は49ヶ国にて309回実施され、約40,000万人に対し221,000万回の接種が行われた。接種されたワクチンは3価経口ワクチン(tOPV):33%、1価経口ワクチン1型(mOPV1):23%、1価OPV3型:4%、2価OPV1,3型:40%であった。急性弛緩性麻痺(AFP)サーベイランスでは、2010年、ポリオの発生を認めた20ヶ国のうち13ヶ国(65%)にて15歳未満の小児10万人あたりの非ポリオAFP発症率が2例以上であり、80%以上の症例にて検体が採取されていた。2010年における野生型ポリオウイルス(WPV)症例は1,291例であり、2009年(1,604例)から19%減少した。タジキスタンおよびコンゴ共和国(DRC)におけるアウトブレイクによる症例は840例(全てWPV1)であり、WPV1:1,204例の約70%を占めた。このアウトブレイクによりWPV1症例は2009年:492例から145%の増加となった。WPV3症例は2009年:1,122例から2010年:87例と92%減少していた。1,291例のうち232例(18%)はポリオが依然風土病である4ヶ国(アフガニスタン、パキスタン、インド、ナイジェリア)、159例(12%)はアンゴラ、チャド、コンゴ共和国(DRC) における再伝播によるものであり、900例(70%)はDRC、タジキスタンを含む13ヶ国におけるアウトブレイクによる症例であった。2010年にポリオフリーとなった11ヶ国にて発生した新たにアウトブレイクは、9ヶ国にて6ヶ月以内に終息したが、コンゴおよびウガンダにおけるアウトブレイクおよびコートジボワール、ガボン、マリ、ニジェールにて2011年に発生したアウトブレイクは現在追跡中である。また、2011年1~3月においては、チャド、DRCおよびパキスタンにおいて2010年の同時期よりも多くの症例が認められている。世界的ポリオ根絶イニシアティブ(GPEI)戦略計画では、全ての国でのWPV伝播を2012年末までに終息させるとされており、ポリオの根絶には今後さらに資金と政治的介入が必要であると思われる。

References

  • CDC. Progress toward interruption of wild poliovirus transmission-worldwide, 2009. MMWR 2010;59:545-50.
  • CDC. Wild poliovirus type 1 and type 3 importations-15 countries, Africa, 2008-2009. MMWR 2009;58:357-62.
  • CDC. Progress toward interrupting wild poliovirus circulation in countries with reestablished transmission-Africa, 2009-2010. MMWR 2011;60:306-11.
  • CDC. Outbreaks following wild poliovirus importations-Europe, Africa, and Asia, January 2009-September 2010. MMWR 2010;59:1393-9.
  • CDC. Poliomyelitis outbreak-Republic of the Congo, September 2010-February 2011. MMWR 2011;60:312-3.
  • World Health Organization. Global Polio Eradication Initiative: Strategic Plan 2010-2012. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2010. Available at <http://www.polioeradication.org/content/publications/gpei.strategicplan.2010-2012.eng.may.2010.pdf>. Accessed May 5, 2011.
  • CDC. Tracking progress toward global polio eradication-worldwide, 2009-2010. MMWR 2011;60:441-5.
  • El Bassioni L, Barakat I, Nasr E, et al. Prolonged detection of indigenous wild polioviruses in sewage from communities in Egypt. Am J Epidemiol 2003;158:807-15.
  • CDC. Progress toward poliomyelitis eradication-Nigeria, January 2009-June 2010. MMWR 2010;59:802-7.
  • CDC. Progress toward poliomyelitis eradication-India, January 2009-October 2010. MMWR 2010;59:1581-5.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ