一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)アジスロマイシン感受性の低下した淋菌(neisse・・・

MMWR抄訳

rss

2011/05/13Vol. 60 / No. 18

MMWR60(18):579-581
Neisseria gonorrhoeaewith Reduced Susceptibility to Azithromycin - San Diego County, California, 2009

アジスロマイシン感受性の低下した淋菌(neisseria gonorrhoeae)-カリフォルニア州サンディエゴ郡、2009年

アジスロマイシンは2g単独投与にて淋菌(neisseria gonorrhoeae)による尿生殖器感染症に有効であるが、単独での投与は耐性の問題から推奨されておらず、アジスロマイシン1gとセファロスポリン系抗生物質(セフトリアキソン250mgまたはセフィキシム400mg)と併用される。1992年1月~2009年7月、CDC National Gonoccoccal Isolate Surveillance Project(GISP)のN. gonorrhoeae分離菌 87,566検体のアジスロマイシン感受性検査では、感受性の低下を示す[最小発育阻止濃度(MICs)=8μg/mL]検体は39検体(0.04%)のみで、カリフォルニア州のサンディエゴ郡にて収集された検体では感受性を示す検体はなかった。2009年8~10月、サンディエゴ郡の性感染症(STD)クリニックを受診した症候性尿道炎男性患者から採取した検体のうち、5検体(5/55、9.1%)がアジスロマイシン感受性低下を示した((MICs=8μg/mL:3、=16μg/mL:2)。5例はいずれも男性同性愛者(MSM)で、年齢中央値は29(19~31)歳であり、セフトリアキソン125mgとアジスロマイシン1gの投与が行われ、1例は治療に成功したが、3例は再診に訪れず、1例は3ヶ月以内に再感染したが、再治療が成功した。これらの症例は計13名の男性と性行為を行っており(1~4名/例)、うち3名が検査を受け、2名が無症候性咽頭淋病、1例が直腸クラミジアおよびHIV感染症と診断された。その後、2009年11月~2010年12月、このSTDクリニックではMSM 229例から検体が採取され、うち4検体(1.7%)がアジスロマイシン感受性低下を示した(MICs=8μg/mL:3、=16μg/mL:1)。また、PCR法による塩基配列分析では、23S rRNAおよびmtrR遺伝子の突然変異が4/5検体にて認められ、NG-MASTでは1検体がporアレル1808、tbpBアレル29、順序列型2992、4検体がporアレル2577、tbpBアレル29、順序列型4198であり、23S rRNA遺伝子解析では耐性関連変異としてC2611T、mtrR遺伝子解析ではG115AおよびG131Aとの関連が示唆された。

References

  • CDC. Gonococcal Isolate Surveillance Project protocol. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2007. Available at <http://www.cdc.gov/std/gisp/protocol2006_web_version_rev12_2007.pdf>. Accessed May 6, 2011.
  • CDC. Sexually transmitted diseases treatment guidelines, 2006. MMWR 2006;59(No. RR-11).
  • CDC. Sexually transmitted diseases treatment guidelines, 2010. MMWR 2010;59(No. RR-12).
  • Martin IM, Ison CA, Aanensen DM, Fenton KA, Spratt BG. Rapid sequence-based identification of gonococcal transmission clusters in a large metropolitan area. J Infect Dis 2004;189:1497-505.
  • Chisholm SA, Dave J, Ison CA. High-level azithromycin resistance occurs in Neisseria gonorrhoeae as a result of a single point mutation in the 23S rRNA genes. Antimicrob Agents Chemother 2010;54:3812-6.
  • Warner DM, Shafer WM, Jerse AE. Clinically relevant mutations that cause derepression of the Neisseria gonorrhoeae mtrC-mtrD-mtrE efflux pump system confer different levels of antimicrobial resistance and in vivo fitness. Mol Microbiol 2008;70:462-78.
  • Young H, Moyes A, McMillan A. Azithromycin and erythromycin resistant Neisseria gonorrhoeae following treatment with azithromycin. Int J STD AIDS 1997;8:299-302.
  • CDC. Fluoroquinolone-resistance in Neisseria gonorrhoeae, Hawaii, 1999, and decreased susceptibility to azithromycin in N. gonorrhoeae, Missouri, 1999. MMWR 2000;49:833-7.
  • Chisholm SA, Neal TJ, Alawattegama AB, Birley HD, Howe RA, Ison CA. Emergence of high-level azithromycin resistance in Neisseria gonorrhoeae in England and Wales. J Antimicrob Chemother 2009;64:353-8.
  • Galarza PG, Alcala B, Salcedo C, et al. Emergence of high level azithromycin-resistant Neisseria gonorrhoeae strain isolated in Argentina. Sex Transm Dis 2009;36:787-8.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ