一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)大都市地域および市内居住者における暴力関連の銃器に・・・

MMWR抄訳

rss

2011/05/13Vol. 60 / No. 18

MMWR60(18):573-578
Violence-Related Firearm Deaths Among Residents of Metropolitan Areas and Cities - United States, 2006-2007

大都市地域および市内居住者における暴力関連の銃器による死亡-アメリカ、2006~2007年

アメリカでは2006~2007年、銃による殺人で25,423名、銃による自殺で34,235名が死亡しており、うち10~19歳がそれぞれ4,166名、1,466名で、他の年齢層に比べ最も多い死亡者数となっている。CDCは今回、National Vital Statistics Systemの最新データ(2006~2007年)より、アメリカ国内の2007年人口ランキング上位50の大都市地域(MSAs)およびそれらMSAs内の62都市における銃による殺人および自殺について分析を行った。MSAs上位50における銃による年間殺人率(10万人)は5.2、これらMSAsの中心都市では9.7であり、66%(33/50)のMSAsにおいて全国値(4.2)を上回り、86%(48/56)の都市においてそれらMSAsの値を上回っていた。若者(10~19歳)における年間殺人率(10万人)はMSAs 6.8、中心都市14.6であり、それぞれ80%のMSAs、88%の都市において全年齢値を上回っていた。また、MSAsにおける銃による年間自殺率(10歳以上10万人)は5.0、中心都市では4.7であり、52%(26/50)のMSAsにおいて全国値(6.5)を下回り、55%(27/49)の都市においてそれらのMSAsの値を下回っていた。若者における年間自殺率はMSAs、中心都市ともに1.3であった。自殺者は87%以上が男性であり、MSAs別では中西部および南部にて殺人率が高く、自殺率は南部にて高かった。今後、これら銃による殺人や自殺、とくに若者における殺人について、その抑制策を検討し、有効なプログラムを推進していく必要性が示唆される。

References

  • CDC. Web-based Injury Statistics Query and Reporting System (WISQARS). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2007. Available at <http://www.cdc.gov/injury/wisqars/index.html>. Accessed May 3, 2011.
  • Xu JQ, Kochanek KD, Murphy SL, Tejada-Vera B. Deaths: Final data for 2007. Natl Vital Stat Rep 2010;58(19).
  • Institute of Medicine. Reducing suicide: a national imperative. Washington, DC: National Academies Press; 2002.
  • Jensen JM, Powell A, Forrest-Bank S. Effective violence prevention approaches in school, family, and community settings. In: Herrenkohl TI, Aisenberg E, Willaims JH, Jensen JM (eds). Violence in context: current evidence on risk, protection, and prevention. New York, NY: Oxford University Press; 2011.
  • Skogan WG, Hartnett SM, Bump N, Dubois J. Evaluation of CeaseFire-Chicago. 2009. Available at <http://www.northwestern.edu/ipr/publications/ceasefire.html>. Accessed May 3, 2011.
  • Hardy MS. Behavior-oriented approaches to reducing youth gun violence. Future Child 2002;12:100-17.
  • Sidman EA, Grossman DC, Koepsell TD, et al. Evaluation of a community- based handgun safe-storage campaign. Pediatrics 2005;115:e654-61.
  • Teret SP, Culross PL. Product-oriented approaches to reducing youth gun violence. Future Child 2002;12:118-31.
  • Lampert MT, Silva PS. An update on the impact of gun control legislation on suicide. Psychiatr Q 1998;69:127-34.
  • Hahn RA, Bilukha O, Crosby A, et al. Firearms laws and the reduction of violence: a systematic review. Am J Prev Med 2005;28(2 Suppl 1):40-71.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ