一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)青少年および若年成人におけるC型肝炎ウイルス感染症・・・

MMWR抄訳

rss

2011/05/06Vol. 60 / No. 17

MMWR60(17):537-541
Hepatitis C Virus Infection Among Adolescents and Young Adults - Massachusetts, 2002-2009

青少年および若年成人におけるC型肝炎ウイルス感染症-マサチューセッツ、2002~2009年

アメリカにおいて、C型肝炎ウイルス(HCV)感染症は肝疾患と肝細胞癌の主因である。約270~390万人の活動性HCV感染症患者の多くは1945~1964年に生まれ、予防法の導入前の1970年代と1980年代に感染したと思われる。全国的に急性症候性HCV感染症の発症率は1992~2005年に低下し、その後安定している。マサチューセッツ州では2002年から2006年にかけてHCV感染症の新規報告率(10万人あたり)が181例から128例に低下したが、15~24歳(青少年/若年成人)群では新規報告率が65例から102例へと上昇したことから、Massachusetts Department of Public Health(MDPH)は2007~2009年に報告されたこの年齢群のHCV感染症患者のより詳細な情報を収集し2009年までの新規報告率の傾向を分析するためにサーベイランスを開始した。この報告は、MDPHによる調査結果をまとめたものである。マサチューセッツ州の15~24歳群におけるHCV感染症の新規報告率は上昇し続けており、2009年には1,925例のHCV感染症患者が新たに報告された(報告率:113例)。患者は州の全ての地域から報告されており、主に非ラテンアメリカ系白人が多く、性差はみられなかった。HCV伝播の最も一般的な危険因子は注射薬使用(IDU)であり、危険因子のデータが得られた1,196例のうち860例(72%)は現在あるいは過去にIDU経験があり、このうち719例(84%)は過去12ヶ月間に注射薬を使用していた。以上、マサチューセッツ州での新たな青少年/若年成人集団におけるIDUに関連したHCV感染症流行の存在が示唆された。今後、HCV感染症サーベイランスの拡大、HCV検査陽性例全ての報告、疾病負担と伝播パターンの評価に十分な患者データの収集、青少年/若年成人を対象としたC型肝炎予防対策の強化が必要と考えられた。

References

  • Wise M, Bialek S, Finelli L, Bell BP, Sorvillo F. Changing trends in hepatitis C-related mortality in the United States, 1995-2004. Hepatol 2008;47:1128-31.
  • Institute of Medicine. Hepatitis and liver cancer: a national strategy for prevention and control of hepatitis B and C. Washington, DC: National Academies Press; 2010.
  • Armstrong GL, Wasley A, Simard EP, McQuillan GM, Kuhnert WL, Alter MJ. The prevalence of hepatitis C virus infection in the United States, 1999 through 2002. Ann Intern Med 2006;144:705-14.
  • CDC. Surveillance for acute viral hepatitis-United States, 2005. MMWR 2007;56(No. SS-3).
  • CDC. Use of enhanced surveillance for hepatitis C virus infection to detect a cluster among young injection-drug users-New York, November 2004-April 2007. MMWR 2008;57:517-21.
  • Miller CL, Johnston C, Spittal PM, et al. Opportunities for prevention: hepatitis C prevalence and incidence in a cohort of young injection drug users. Hepatol 2002;36:737-42.
  • Hahn JA, Page-Schafer K, Lum PJ, et al. Hepatitis C virus seroconversion among young injection drug users: relationships and risks. J Infect Dis 2002;186:1558-64.
  • Fuller CM, Vlahov D, Arria AM, Ompad DC, Garfein R, Strathdee SA. Factors associated with adolescent initiation of injection drug use. Public Health Rep 2001;116:136-45.
  • CDC. Recommendations for prevention and control of hepatitis C virus (HCV) infection and HCV-related chronic disease. MMWR 1998;47(No. RR-19).
  • CDC. HIV-associated behaviors among injecting-drug users-23 cities, United States, May 2005-February 2006. MMWR 2009;58:329-32.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ