一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)高齢労働者における非致死性の職業上の傷害および疾患・・・

MMWR抄訳

rss

2011/04/29Vol. 60 / No. 16

MMWR60(16):503-508
Nonfatal Occupational Injuries and Illnesses Among Older Workers - United States, 2009

高齢労働者における非致死性の職業上の傷害および疾患-アメリカ、2009年

2009年、アメリカにおいて高齢(55歳以上)労働者は全労働者の19%を占め、現在、最も増加している年齢層である。今回、高齢労働者における非致死性の職業上の傷害および疾患について、Survey of Occupational Injuries and Illnesses (SOII)データの分析が行われた。2009年において高齢労働者は職業上の負傷や疾患により210,830回(全体:1,238,490回の17%、55~64歳:176,280、65歳以上:34,540)仕事を休んでおり、そのほとんど(94%)が腰痛などの慢性傷害や皮膚炎などの慢性疾患を伴う急性外傷性傷害によるものであった。男女別では男性が55%と多く、女性に比べ長期間休む傾向がみられた(中央値:男性:14日間、女性:9日間)。55~64歳の労働者における非致死性の職業上の傷害および疾患による欠勤率は、10,000 FTE(フルタイム当量)あたり116.8、65歳以上の労働者にて105.9/10,000 FTEであった。転倒事故(床や廊下、地面での転倒または机や壁、ドアなどにぶつかるなど)は年齢に伴い増加、接触事故(道具や装置、機械、部品、原材料など)は年齢に伴い減少傾向が認められた。高齢者ではとくに骨折が多く、傷害の11%を占め、欠勤日数も55~64歳にて32日間、65歳以上では42日間と長かった。骨折部位は足首(13%)、手首(13%)、腕(11%)、足(11%)、脚(11%)、指(7%)、股関節(7%)が多く、股関節骨折は高齢者全体の2%を占めるに過ぎないが、労働者全体での股関節骨折者の54%は55歳以上であり、欠勤日数が長い(55~64歳:35日、65歳以上:67日間)かった。高齢者のみならず、労働者全体に対する職場での怪我や負傷を予防し、労働者の安全を確保することが重要であると考える。

References

  • Toossi M. Employment outlook: 2008-18: labor force projections to 2018: older workers staying more active. Mon Labor Rev 2009;132: 30-51.
  • US Department of Labor, Bureau of Labor Statistics. Occupational safety and health statistics [Chapter 9]. In: BLS handbook of methods. Washington, DC: US Department of Labor, Bureau of Labor Statistics; 2009. Available at <http://www.bls.gov/opub/hom>. Accessed January 25, 2011.
  • Rogers E, Wiatrowski WJ. Injuries, illnesses, and fatalities among older workers. Mon Labor Rev 2005;128:24-30.
  • Society for Occupational and Environmental Health, Association of Occupational and Environmental Clinics. Healthy aging for a sustainable workforce: a conference report, November 2009. Available at <http://www.soeh.org/pdf/agingworkersworkshopreport_11%2009_final.pdf>. Accessed January 25, 2011.
  • CDC. A story of impact: an age-related training tool developed by NIOSH researchers raises awareness about workplace accommodations. Cincinnati, OH: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at <http://www.cdc.gov/niosh/docs/2010-165>. Accessed January 29, 2011.
  • CDC. Nonfatal occupational injuries and illnesses-United States, 2004. MMWR 2007;56:393-7.
  • Foley M, Silverstein B, Polissar N. The economic burden of carpal tunnel syndrome: long-term earnings of CTS claimants in Washington State Am J Ind Med 2007;50:155-72.
  • US Government Accounting Office. Workplace safety and health: Enhancing OSHA’s records audit process could improve the accuracy of worker injury and illness data. Washington, DC: US Government Accounting Office; 2009. Available at <http://www.gao.gov/products/GAO-10-10>. Accessed January 28, 2011.
  • CDC. Fact sheet: older drivers in the workplace: crash prevention for employers and workers. Cincinnati, OH: US Department of Health and Human Services, CDC; 2005. Available at <http://www.cdc.gov/niosh/docs/2005-159>. Accessed January 29, 2011.
  • New Jersey Department of Health and Human Services. Occupational safety and health issues for the older worker. Trenton, NJ: New Jersey Department of Health and Human Services; 2003. Available at <http://www.state.nj.us/health/surv/documents/olderwkinfo.pdf>. Accessed January 29, 2011.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ