一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)職業上の高速道路での交通事故死-アメリカ、2003・・・

MMWR抄訳

rss

2011/04/29Vol. 60 / No. 16

MMWR60(16):497-502
Occupational Highway Transportation Deaths - United States, 2003-2008

職業上の高速道路での交通事故死-アメリカ、2003~2008年

2003~2008年のCensus of Fatal Occupational Injuries (CFOI)データから、職業上の高速道路での交通事故死について、その傾向と予防について分析が行われた。この期間、職業上の高速道路での交通事故による死亡者は8,173名(年平均1,362名)、死亡率は10万人あたり0.9であり、年平均2.8%低下していた。年齢別の死亡率は65歳以上にて2.1/10万人と最も高く、男女別では男性:1.6、女性:0.2と男性にて高値であった。事故は2台以上の車両による衝突事故が最も多く(死亡者:4,009名)、うち1,532名(38%)は対向車の衝突事故であった。非衝突事故ではジャックナイフまたは車両転覆による事故の死亡者(1,551名)が最も多かった。事故車はトレーラートラックが最も多く(2,761名)、次いで自動車(1,353名)が続いた。職業別では運輸、倉庫、公共事業関係の労働者が最も多く(2,776名)、運輸関係の粗死亡率は10万人あたり7.9であり、とくにトラック運転手の死亡が多かった(2,320名、平均386名/年、10万人あたり19.6)。次いで政府関係機関(地方、州および連邦機関)の労働者(1,029名、11.7/10万人)が続き、金融/保険関係(<0.2/10万人)が最も低かった。地域別の死亡率は山岳部、北西中央部、南部(=1.0/10万人)にて高く、東北中央部、北東部、太平洋地域にて低く、州別ではワイオミング州(7.0)、モンタナ州(3.3)にて高く、ロードアイランド州、マサチューセッツ州(0.2)にて低かった。高速道路での交通事故死のリスク抑制は運輸関係の会社および労働者、公衆衛生および州の機関などが包括的に連携するとともに、シートベルトの着用や運転中に携帯電話を使用しないなど労働者のリスクに対する基本的な意識の向上などが重要であると考える。

References

  • CDC. Work-related roadway crashes, challenges and opportunities for prevention. Cincinnati, OH: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 2003. Available at <http:// www.cdc.gov/niosh/docs/2003-119/pdfs/2003-119.pdf>. Accessed February 23, 2011.
  • US Bureau of Labor Statistics. Census of fatal occupational injuries summary, 2009. Washington, DC: US Department of Labor, US Bureau of Labor Statistics; 2010. Available at <http://www.bls.gov/news.release/cfoi.nr0.htm>. Accessed February 23, 2011.
  • CDC. CDC’s winnable battles. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at <http://www.cdc.gov/about/winnablebattles.htm>. Accessed February 23, 2011.
  • Bureau of Labor Statistics. Current population survey, 1998-2007 (microdata files) and labor force, employment, and unemployment from the current population survey. In: BLS handbook of methods. Washington, DC: US Department of Labor, Bureau of Labor Statistics; 2008. Available at <http://www.bls.gov/cps/home.htm>. Accessed February 23, 2011.
  • National Highway Traffic Safety Administration. Traffic safety facts 2008. Washington, DC: US Department of Transportation, National Highway Traffic Safety Administration; 2009. DOT-HS-811-170. Available at <http://www-nrd.nhtsa.dot.gov/pubs/811170.pdf> . Accessed February 23, 2011.
  • Robb G, Sultana S, Ameratunga S, Jackson R. A systematic review of epidemiological studies investigating risk factors for work-related road traffic crashes and injuries. Inj Prev 2008;14:51-8.
  • Federal Motor Carrier Safety Administration. Report to Congress on the large truck crash causation study. Washington, DC: US Department of Transportation, Federal Motor Carrier Safety Administration; 2006. MC-R/MC-RRA. Available at <http://www.fmcsa.dot.gov/facts-research/research-technology/report/ltccs-2006.htm>. Accessed April 25, 2011.
  • American National Standards Institute, American Society of Safety Engineers. Safe practices for motor vehicle operations. New York, NY: American National Standards Institute; Des Plaines, IL: American Society of Safety Engineers; 2006. ANSI/ASSE Z15.1-2006.
  • Haworth N, Tingvall C, Kowadlo N. Review of best practice road safety initiatives in the corporate and/or business environment. Clayton, Victoria, Australia: Monash University Accident Research Centre; 2000. MUARC report No. 166.
  • Newnam S, Griffin MA, Mason C. Safety in work vehicles: a multilevel study linking safety values and individual predictors to work-related driving crashes. J Appl Psych 2008;93:632-44.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ